千代sendai熊野

sendai from shingu

雨上がりの路地を歩く。 新宮市神倉

H20010387.jpg













H20010386.jpg







狭い路地。







H20010375.jpg







暮らしている人の息づかいが伝わってくる。







H20010374.jpg







洗濯機の音。







H20010392.jpg







かすかなにおい。花?石けん?醤油?
よぉわからん。
路地の匂いだ。







H20010399.jpg







掃除をしている箒の音。







H20010401.jpg







遠くの自動車の音。







H20010410.jpg







何か落ち着く。
この感じ,好きやな~。







H20010389.jpg







この辺は,海から遠いんやけどな~。







H20010372.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ




テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/31(木) 20:56:56|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

農場レストラン Sarara  郡山グルメ情報

H20011286.jpg








娘がつららの中におもしろいものを見つけた。 お~。








H20011257.jpg








ここは三春ハーブガーデン。 








H20011252.jpg








三春は盆地なので春の気温がなかなか上がらない。
そしてある時急に暖かくなる。
梅,桃,桜が一緒に咲くから「三春」

最高の地名だ。








H20011250.jpg








福島県田村郡三春町
今,ハーブガーデンは雪で閉鎖中。 

でこ屋敷のあと,

ここでランチを食べてきた。
バイキング方式。
なかなかハイクオリティー。








H20011253.jpg















H20011247.jpg















H20011241.jpg















H20011242.jpg















H20011243.jpg















H20011237.jpg















H20011271.jpg








おいしかったもの。

ゴマぷりん
鯛のカルパッチョ
豆腐のグラタン
ヤーコンの天ぷら
五穀米ごはん
ハーブティー
まだまだ,ありましたが・・・忘れました。








H20011266.jpg

















H20011236.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8








大人1,575円 子供735円
これは流行るは。 








にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:雪景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/30(水) 22:24:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ふれあいエスプ塩竃

ツリーハウスの後は,建物の中へ
H20011427.jpg

H20011435.jpg















H20011434.jpg



ここは,塩竃市生涯学習センター

漫画雑誌「ガロ」の創始者 長井勝一さんの美術館があった。
ゲゲゲの鬼太郎やカムイ伝など昔の漫画が展示されている。撮影禁止。残念。入場無料。ラッキー。










H20011428.jpg

















H20011433.jpg
















H20011430.jpg
















H20011432.jpg
















H20011431.jpg



施設の中には,子供達が自由に工作や絵を掛ける創作室や,積み木などのプレイルーム,図書館,屋上には不思議な空間。いろいろ工夫された建物だった。塩釜市民の皆さん,いいな~。











H20011371.jpg
















H20011439.jpg















H20011447.jpg















H20011448.jpg



巨大カメラがあった。
暗室の中に入ってみると,壁に外の様子が映っている。  お~。










H20011446.jpg
これが全貌。


塩釜高校の生徒達が作った,段ボールアート。機動戦士ガンダム!

やるな~。

CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真

  1. 2008/01/29(火) 22:19:50|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ツリーハウスに登った。

H20011413.jpg













H20011386.jpg















H20011402.jpg















H20011401.jpg


以前から気になっていた「ツリーハウス」にでかけた。
ここは,宮城県塩竃市。東北本線の塩釜駅前にある,ふれあいエスプ塩竃の中の施設。












H20011388.jpg


この塩竃市出身の平間至さん(写真家)の寄付である。去年?作られた。












H20011395.jpg


夢の家だった。

小学校4年生の頃,神倉山の木にこのような樹上の基地を作ろうとして挫折した。
杉のような木は枝があまり無く板は打ち付けられない。
それで比較的低いところから横に枝の出ているシイの木を選んだ。

板を持って山に登り,その木に打ち付けようとした。
枝と枝の分かれ目にうまく水平に板を載せようとしても傾く。不安定。滑る。水平になかなかできない。結局,人が乗るような板を釘で打ち付けるのは不可能と悟った。








H20011400.jpg















H20011422.jpg


夕方4時で終わりですよ・・・。












H20011423.jpg


雪の日は閉めています。













H20011397.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


い~な~。塩竃の子供達。



にほんブログ村 写真ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/28(月) 22:41:12|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

でこ 張り子人形  福島県郡山市高柴 (三春藩高柴)

H20011132.jpg













H20011169.jpg















H20011133.jpg




「陰影礼賛」で谷崎潤一郎は,古来の日本の家屋では暗さに良さがあり,そこで漆器や掛け軸の美しさが際立つというようなことを書いていた。



現代では,そのような建築とその文化はフェードアウトしつつある。




H20011135.jpg














H20011147.jpg













紀州の実家もそのような家屋で,暗くて怖かった。
古い家は「きしょく悪いからいやや」と思っていた。

私もこの年齢になって,ようやく谷崎潤一郎の言わんとしている事に納得できるようになった。




その紀州の実家も建て直し,かつての暗さはもう無い。

H20011183.jpg














H20011194.jpg














H20011213.jpg
















H20011100.jpg















H20011098.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8




にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:四季 -冬- - ジャンル:写真

  1. 2008/01/27(日) 18:42:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

一生一笑 高柴デコ屋敷 part2

H20011219.jpg















H20011215.jpg















H20011206.jpg















H20011199.jpg
















H20011190.jpg















H20011112.jpg















H20011185.jpg















H20011153.jpg



なんて穏やかな顔なのだろう。

ここの人形達は,ささやかな幸せを与えてくれる。










="http://blog-imgs-17.fc2.com/d/f/5/df504/H20011167.jpg" alt="H20011167.jpg" border="0">


赤ちゃんをあやしていると,笑顔のキャッチボールになる。

こちらが笑っていないと笑ってくれない。

笑っていると笑ってくれる。







H20011164.jpg


これは,赤ちゃんに限ったことではないのだが,なかなかいつも笑顔でいられない。

些細なことにこだわっているのを見透かされて,この人形達に笑われてしまうな~。









H20011175.jpg














H20011099.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8



にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:雪のある風景 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/26(土) 21:52:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三春のでこ屋敷にでかけた。 福島県郡山市高柴

H20011110.jpg















H20011111.jpg

















H20011109.jpg

















H20011120.jpg

















H20011124.jpg
















H20011144.jpg


玄関の引き戸を開けると,

「どうぞ,あがらぃん」と迎えてくれる。



どぎまぎしながら靴を脱ぎ部屋に上がらせて頂く。



にかわの匂い,100年以上使われているものもあるという木型。和紙と絵の具,筆。



H20011115.jpg



でこ屋敷,ここでは三春藩の時代から人形師が人形を作っている。


昔の手法のまま,昔ながらの人形が,今新しく誕生している。








H20011137.jpg














H20011148.jpg



日本のマイスター。 この技術が無くなってしまわないことを切に願う。











H20011151.jpg



紅白のだるまは,結婚式の引き出物になるそうだ。その名前を書いていた。


これを頂いたら嬉しいだろうな~。








H20011122.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


お土産に買ってきたねずみは,今我が家の玄関に飾っている。




にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:素敵なフォト・スケッチ - ジャンル:写真

  1. 2008/01/25(金) 22:27:31|
  2. 自分的にお気に入り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

まちの駅 銘醸館 南相馬市へでかけた。

H1912956.jpg

















H1912963.jpg

















H1912959.jpg

















H1912960.jpg





みちの駅は,全国至る所にあるが,まちの駅というのは初めてだった。
ここは,福島県南相馬市,かつて原町市と呼ばれた所だ。

銘醸館とはかつての造り酒屋で,相馬野馬追通りにある。



広大な敷地にある蔵が,展示スペースとなっていた。なかなか楽しい。


宮城県の丸森にある齋理屋敷と趣が似ている。

かつての町の名士の家。

東北地方には凄いものが残っているな~。





H1912961.jpg
















H1912951.jpg
















H1912966.jpg









去年の12月にでかけました。なかなかupできなくて・・・。
(写真が多くてすみません。)









H1912943.jpg


















H1912918.jpg


















H1912895.jpg

















H1912910.jpg
















H1912911.jpg
















H1912921.jpg
















H1912975.jpg






ひも結び体験ができた。こんなに結び方はあるなんて知らなかった。

日本文化はつくづく奥が深いと思う。

でも,何も結べない自分がもどかしい。





H1912979.jpg


















H1912977.jpg


















H1912986.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


組紐のいろいろです。

[まちの駅 銘醸館 南相馬市へでかけた。]の続きを読む

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/21(月) 22:00:49|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

くじらの博物館 和歌山県太地町

H20010794.jpg














H20010771.jpg
















H20010753.jpg



和歌山県太地町には,世界的にも珍しい「くじらの博物館」がある。ちなみに落合博満記念館も同町にある。











H20010768.jpg


イルカのショー&クジラのショーがある。飛んだり跳ねたり。



イルカはピューンって感じ。くじらはドーン,ぼしゃーんって感じ。



子供達はくじらにエサをあげるコーナーを一番喜んでいた。




H20010760.jpg



腹ひれのあるイルカが水族館で泳いでいた。撮影禁止。残念。とても残念。











H20010784.jpg














H20010790.jpg















H20010754.jpg















H20010743.jpg
















H20010745.jpg


日本捕鯨が世界的に批判の対象になって久しい。キリスト教の世界観では牛,豚とイルカ,クジラの間には全く違う動物観がある。人と獣の間も全く違っている。東洋の輪廻思想の世界観とは全く違う。西洋人には捕鯨について議論の余地は無いらしい。

宮城県の女川町にあるホエールランドに展示していた絵巻物に,ここ紀伊半島の地名があった。紀州人が捕鯨の技術を全国に広めたそうだ。
ちなみに醤油,林業,いかだ下りの技術や漁法も。
紀州人の発明したものはいろいろあったらしい。

紀州人は人が良く,何でも教える。

それで誰かがどこかで大儲けしたりする。


でも,自分の所には何も残らない。

いなかもんやさかしゃ~ないんやろな。


今でも紀州の人間は都会に出て,よく騙されると聞く。

うそついてまで人と付き合いたくないもんな~。

いなかもんでええような気がする。正直が一番。



H20010739.jpg



からくり人形のバネはクジラのひげ。
脳油,脳から油を採取したらしい。
こんなもんまで鯨か~。











H20010751.jpg

















H20010795.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8



にほんブログ村 写真ブログへ


[くじらの博物館 和歌山県太地町]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/20(日) 20:20:31|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

新宮のくらし ごとびき岩を拝む。

H20010995.jpg













H20010998.jpg









和歌山県新宮市の神倉山。


天の磐盾と呼ばれる絶壁の上にごとびき岩と呼ばれる巨岩があり,ご神体となって祀られている。



新宮の町はいつもこの神様から見られている。


三種の神器の一つ 八咫鏡(やたのかがみ)の伝説には,天照大神が岩に隠れ,少しだけ岩を開いてのぞいたときにその鏡で映し,隠れていた岩から出てきたとされる。







H20010982.jpg

















H20010978.jpg

















H20010987.jpg

















H20010988.jpg

















H20010977.jpg

















H20010974.jpg

















H20010095.jpg

















H20010076.jpg
















H20010075.jpg

















H20010894.jpg


















H20010965.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/19(土) 23:32:14|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「おはようございます」野球帽を脱いで挨拶された。

H20010900.jpg

















H20010903.jpg

















H20010905.jpg

















H20010922.jpg

















H20010925.jpg

















H20010927.jpg




新宮高校軟式野球部

爽やかな生徒達だった。

練習開始日に神倉山にお参りなのだろう。平成20年1月4日。

早くも4日から練習。日本全国で運動部は始動したのだろう。





同級生は全国制覇やったよな~。




軟式野球部頑張ってな~。


H20010931.jpg
















H20010934.jpg

















H20010949.jpg
ここは和歌山県新宮市。神倉山の神倉神社(ごとびき岩)
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/18(金) 22:37:57|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛鳥神社 三重県尾鷲市曽根町

H20010818.jpg
















H20010864.jpg
















H20010861.jpg
















H20010845.jpg















H20010847.jpg
















H20010852.jpg


初めて行った。名もない小さな海辺の町。

飛鳥神社 

人々から大切にされているのが伝わってくる。



人知れず歴史を重ねたこの地


誰もいない


潮の香りと波の音

港に降りる石段

丸い石垣

巨木   

圧倒された。



神秘的なとは,こんな所のことなのかもしれない。
 
H20010854.jpg

















H20010850.jpg

















H20010859.jpg
















H20010842.jpg

















H20010840.jpg

















H20010826.jpg
















H20010863.jpg
















H20010821.jpg















H20010835.jpg















H20010836.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/17(木) 21:52:36|
  2. 自分的にお気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三重県立熊野古道センターへでかけた。 三重県尾鷲市

H20010567.jpg















H20010326.jpg
















H20010327.jpg















H20010330.jpg



尾鷲は日本で一番雨が降る。いや,どうも世界一らしい。熱帯雨林の年間平均降水量が3500mm程度で,ここは4m。

おっと4000mm。

4mってどんな雨か。その展示があった。

左から網走800mm 全国平均1600mm 尾鷲4000mm すげ~。






H20010336.jpg



新宮もよく雨が降る。「1週間に8日雨が降る」って言うもんな~。
なんにもええことない。何の自慢にもならんな~。

日本でよく雨が降るのは,南東斜面。
九州の右側(宮崎県あたり),四国の足摺岬の右側,室戸岬の右側,紀伊半島の右側。
いずれも山脈の右側になる。

ちょうど,偏西風が吹き込んで雲が出来るから。
台風の曇って必ず左巻きでしょう。それは右下から左上に曲がりながら風が吹き込むから。ただの低気圧もそう。
南東斜面に風がぶつかり上昇気流で雲が出来て,雨が降る。

紀伊半島の屋根大台ヶ原の南東斜面下に三重県尾鷲市がある。
だから雨が降る。いっつも。

紀伊半島も串本から左側はぱったり雨量が減る。
あんまり降らへん。え~な~。

H20010333.jpg


















H20010337.jpg
















H20010340.jpg



竹内敏信さんの写真展をしていた。ラッキー。

やっぱり「雨」を撮っとったな~。黒光りの山や岩がどーんって感じ。重い。










H20010338.jpg

















H20010341.jpg
















H20010345.jpg

















H20010348.jpg
















H20010360.jpg



三重県立熊野古道センターができたって言うので,つい,寄ってみた。

驚き。

でっかかった~。総ヒノキの建築もすごい。


ただ,人がおらんで~。もったいない。
遠いもんな~。




H20010353.jpg

















H20010351.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/16(水) 22:18:59|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どんと祭にでかけた。 熊野本宮社 宮城県名取市熊野堂

H20010719.jpg















H20010723.jpg








燃えさかる炎を見ていると,何か気持ちがす~っと消えていく感じがする。








H20010728.jpg








いろんな悩みも。現実も。

炎を見ながら色々考え・・・考えが消え・・・見入ってしまった。 

今年はどうなるのかなぁ。









H20010736.jpg









ここは,宮城県名取市の熊野本宮社。









H20010710.jpg










熊野三山のうち,速玉大社,那智大社は本家紀州熊野の2つを詣でた。
そして三つ目はここ宮城県名取市で本宮社に参り,三つともお参りすることができた。










H20010726.jpg











どんと祭。聞き慣れない祭。
ここ宮城県ではこの日に注連飾りを神社で焚く。正月行事の締めくくりらしい。
甘酒も頂きました。ありがとうございます。

我が故郷,新宮ではこの風習は無かったよなぁ。
夏頃までけっこう玄関に注連飾りがそのままやったりする。
こういう風習はええなぁ~。










H20010699.jpg
炎には何か引きつけられる力があると思う。また,来年も行きます。
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:光と影 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/15(火) 21:41:21|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四季の里 福島へおでかけ 去年だけどね。

福島市 四季の里 ここでは様々な体験ができる。

H1912275.jpg















H1912264.jpg
















H1912300.jpg
















H1912303.jpg

















H1912305.jpg








我が家では,ガラスの絵彫り体験を行った。自分でイラストを描いても良し,準備されているイラストの通り彫っても良し。楽しい。

娘たちは,双葉のマークと♪マークをいっぱい彫っていた。なかなかの出来。自画自賛。








H1912307.jpg








こけしの絵づけ体験
マドラーづくり体験
とんぼ玉の制作体験
いずれも1000円








H1912311.jpg








さらに,極めつけはガラス制作!
ガラスの赤い玉を口で吹いてふくらませることもできる。
ただし,中学生以上3000円。
残念ながら,うちの娘たちはまだできません~。








H1912319.jpg

















H1912271.jpg















H1912273.jpg

















H1912286.jpg
















H1912316.jpg















H1912323.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8



福島でのお気に入りの場所。 この近くのトリムの森も。


にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/13(日) 23:09:43|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CanonEOS5D後継機の展望。

デジタルか銀塩かという議論も,もう過去のものとなりつつある。
銀塩派の人には「一度,デジタル1眼を使ってみてから文句を言って欲しい」と言えるような画質のデジタル1眼レフが出揃った。今そのデジタル1眼を選ぶのが楽しい,というか悩ましい。
銀塩時代の1眼レフは「一生モノ」として買うことができた。デジタル1眼もそろそろ画質面では一生使えるレベルに達してきたような気がする。
時代とともに更に画質がアップするだろうが,画素数競争もそろそろ終焉ではないかと考えている。

その理由は,これまでの日本の趣味としての写真文化は「コンテスト」を中心として発達してきたからである。各種写真雑誌のコンテストや各地での写真コンテストのことである。
そのコンテストに参加するには印画紙のサイズが決まっている。審査時の印画紙のサイズは,最大でも「全紙」である。全紙サイズが最大ならば,自ずから画素数のリミットが生じる。

H1912308.jpg


現在のデジタルカメラでは600万画素で「四ツ切り」でも十分,1000万画素では「全紙」でも大丈夫である。2000万画素あたりまで増えたらA0サイズのポスターまで可能と聞く。

しかし,プロでも雑誌の見開き(A3サイズ)を意識して作品を作っている人が大半であろう。
この先,2000万画素あたりまでは進むと思うが,その先はどうだろうか。

A0サイズは1mを超える。ポスターの撮影は一度はやってみたいが,その程度である。
出来上がったポスターは「家でどうするの?」ってことになると思う。

つまり,銀塩時代でも最高画質を求めるならば6×7や6×4.5などの大判フィルムカメラという選択肢があった。
しかし,35mmフィルムカメラが全盛を極めたのは,出力(現像焼き付け)サイズが「全紙サイズ」までだったからなのではないだろうか。

H1912284.jpg


そこで,画素数競争は一段落として今,消費者が求めるのは「費用対効果」である。

EOS1DsM3 850000円 フルサイズ  約2000万画素 画質高++ フィーリング質感高
D3      560000円 フルサイズ  約1200万画素 画質高+  フィーリング質感高
EOS1DM3 400000円 APS+  約1000万画素 画質高   フィーリング質感高
EOS5D   250000円 フルサイズ  約1200万画素 画質高+  フィーリング質感中
D300    180000円 APS    約1200万画素 画質高   フィーリング質感高
EOS40D  110000円 APS    約1000万画素 画質高   フィーリング質感中+
K10D     80000円 APS   約1000万画素 画質高   フィーリング質感中+

画質面で性能が横一線に並んできたならば,あとは質感競争とその価格。
上位機種のコストパフォーマンスで,キャノンが劣勢なのは否めない。

H1912294.jpg


消費者はEOS1D系のフィーリングを今の半額で求めている。

10年経つと,パソコンの価格のように機能は2倍になって,半額以下が当たり前と考えている。
厳しい言い方で恐縮だが,1Dsマーク3の価格設定は殿様商売と言われても仕方のない時代なのかもしれない。
歴代のキャノンの最上位機種と他の機種とは別の会社のカメラのような違いがあったが,今後はそうはいかないと思う。質感でニコンに水を開けられたままではキャノンオーナーは納得できない。

次期EOS5Dではまずは質感の向上が最優先であろう。再びアマチュア機宣言をするのは危険だと思う。
さらにその性能と価格のバランスは,1400万画素,ISO6400での高画質,価格は25万円以下という所が妥当ではないだろうか。

H1912325.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8 福島市 四季の里にて

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/13(日) 00:55:39|
  2. 写真機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

うなぎは鹿六 熊野のグルメ 和歌山県新宮市元鍛冶町

H20010144.jpg








新宮に帰ったら食べたいもの






H20010145.jpg











鹿六の鰻  ここは熊野速玉大社の近く。









H20010130.jpg










今回も,食べてきました~。









H20010137.jpg









鰻丼1260円,上鰻丼1470円。

上はごはんの中からもう一段鰻が出てくる。









H20010132.jpg


















H20010134.jpg









子供の頃は,お客様が来た時にだけ,ここで食べることができた。数年に1回の大イベント。


最高においしい。








H20010131.jpg









昔はずいぶん待たされて,部屋の中が飽き飽きする頃ようやく出てきた。子供だったからそう思ったのかどうか分からない。とにかくこの二階の座敷の風景はよく覚えている。










H20010141.jpg

















H20010140.jpg









中庭に大きなイチジクの樹がある。窓を開けると下から良い匂いが。









H20010432.jpg











何もかも昔のまま。軽く50年は経っているだろう。

懐かしい・・・けど,新宮という町とともにゆっくりと衰えて。いつまで続くのか少し不安。


いつまでも無くならないで欲しい。









H20010431.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/12(土) 17:54:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

孔島(くしま)へ海の熊野古道 新宮市三輪崎

H20010020.jpg

我は海の子 白波の 騒ぐ磯辺の松原に♪
煙たなびく苫屋こそ
我が懐かしき住処なれ♪

今では小学校の音楽の教科書から消えてしまった曲。
でも,好きだな~。

H20010021.jpg

しばらく前になるが,大相撲に久島海という力士がいた。日大相撲部出身で学生横綱から大相撲入りした。
新宮高校のひとつ先輩だ。その久島という四股名は本名でもあり,地元,新宮市三輪崎にある「孔島」くしまの韻も踏んでいる。その島は三輪崎の漁港の反対岸にあり,堤防でつながっていて歩いていける。ここには鳥居もあり,久島海が現役の頃ここに参っている姿がTVで放送されていた。

小学校の頃,遠足でその島に行った。
磯でヤドカリや貝や蟹をつかまえて遊んだな~。
う~ん,めっちゃ懐かしい。




H20010067.jpg









熊野交通のマーク。やたがらす。









H20010070.jpg









青岸渡寺にて









H20010071.jpg

CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8






我は海の子か~。

山でも遊んだぞ~。










にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:世界遺産 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/11(金) 22:46:59|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊野 速玉大社 和歌山県新宮市 

H20010166.jpg








神倉山頂にあった社殿が雷?で焼失した際,そこには再建されず,熊野川の河原近くに新しい宮が建てられた。








H20010168.jpg








それからこの土地は「新宮」と呼ばれるようになった。









H20010170.jpg








ここには檜の大きな扇があり,年に一度「扇まつり」が行われる。

この祭は名前の割には地味なまつり。ただ,社殿に扇が飾ってあるだけ。(その価値は幼少の私には理解不能だった。)









H20010152.jpg








ご神木の梛(なぎ)の大木。広葉樹のようだが針葉樹。葉脈が縦に走っている。

娘の名前にこの字を使わせてもらった。速玉大社と新宮の象徴でもあるから。

みな,読めんやろな~。でも,え~の。










H20010151.jpg









宝物殿にも入ってみた。多分生まれて初めて。
中は・・・う~む。

薄暗く,木と板ガラスでできた展示箱に蛍光灯。タンスに入れるような防虫剤が入っている。地震計のようなものは見あたらない。空調も?
とても他の博物館と比べられない。

しかし,









H20010155.jpg









徳川吉宗の寄進した刀や発掘された古代の鏡など,無造作に「国宝」と書かれたものがいっぱいあった。本当に沢山あった。展示物のほとんどが国宝だった。

これはすごいのかも。









H20010162.jpg








新宮市ももうちょっと観光PRすれば良いのに,もったいない。

新宮を訪れる観光客はほとんどおらんもんな~。










H20010164.jpg










昔の天皇の御幸回数が石碑に記してあった。ここは昔はすごかった。

今はもう誰も~♪












H20010157.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/10(木) 21:45:30|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿須賀神社 和歌山県新宮市

H20010216.jpg














H20010220.jpg

















H20010224.jpg








路地を抜けると,そこは









H20010210.jpg








阿須賀神社。










H20010227.jpg








新宮には,大小様々な神社がある。ここは新宮市熊野地。









H20010229.jpg








かつては,このあたりを「熊野地」と呼び,意識の中では新宮とは別の地だった。昔,このあたりの人は仲の町商店街に買い物に行くことを「新宮に出掛ける。」と言っていた。









H20010230.jpg








私の育った神倉山の下の西道あたりとは,小学校も中学校も違うため,言葉や文化が少し違った。










H20010265.jpg








でも今ではすっかり町がつながって,わざわざ別としない。









H20010266.jpg








新宮市内にある千穂小学校,丹鶴(たんかく)小学校,蓬莱小学校,王子小学校も統合されて2校になるらしい。









H20010267.jpg








このあたりも,老人世帯ばかりになってしまった。新宮市は日本の行く末を暗示しているような気がする。










H20010268.jpg
我が故郷,いつまでも元気でいてほしい。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/09(水) 21:38:38|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

我が家の年越し 鹿児島の年重(としかさ)と紀州のさんま寿司

CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8
H20010083.jpg








蒸かしたサツマイモと餅をまぜてつく。









H20010081.jpg










畑から採ってきたハランをお皿にのせて,











H20010085.jpg

















H20010087.jpg










あんこをのせて食べる。 年重「としかさ」 おいしい。

祖母が鹿児島出身だったので,我が家は毎年,年越しそばのかわりに年重を食べている。多分鹿児島の郷土料理。









H20010091.jpg








おしきみ 紀州では,ご先祖様にこの木の枝を供える。










H20010090.jpg









早香(ポンカンと温州みかんを交配)グラム40円也。

近所の八百屋さんにて










H20010017.jpg









我が家のお雑煮。里芋と白菜,蒲鉾,人参,百合根のすまし汁。
私のお椀は大盛り。お雑煮,大好き。









H20010018.jpg









さんまのお寿司。紀州では産卵の終わったサンマが獲れる。脂が抜けていて,お寿司になる。

お味の方は・・・昔の味というか,今風ではないと思う。田舎の味。これはこれで良し。

でも,宮城のサンマの刺身の方がおいしいかも。








H20010129.jpg









サンマの丸干しと神倉山。

これもまた,紀州での秋刀魚の食し方。開きではなくそのままの形で干物にする。これは美味しい。






にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/08(火) 21:05:13|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:1

青岸渡寺と熊野那智大社と八咫烏(やたがらす)

仙台光のページェントが洋風ならば,熊野三山は純和風。
年を越して別世界になったblogです。

H20010032.jpg









ここは西国一番札所の青岸渡寺。










H20010022.jpg








松島の瑞巌寺の参道にここの一番札所の石碑を見つけた時は嬉しかった。









H20010027.jpg









神様,仏様,どちらも同じ神頼み。
ここは寺と神社が併設?されている。とにかく神様。両方にお参りした。










H20010024.jpg









明治維新で,明治天皇が「現人神」になられて,このような場所は困ったらしい。
廃仏毀釈つまり,いわゆる神社以外の神様は認めないとなったからだ。全国各地で貴重な仏像が壊されたらしい。ここはその歴史をかいくぐって,昔の日本人の拠り所「神様、仏様」が並んで祀られている。









H20010051.jpg









那智の滝が有名だが,地モティとしてはこの神社と寺が好きだ。









H20010040.jpg










私の小学校の校章は「カラス」のデザイン。校章に烏。
当たり前と思っていたが,珍しいらしい。










H20010044.jpg










あんまり,好かれた鳥ではない烏。











H20010048.jpg










しかし,この熊野では神様の使いとして崇められている。











H20010053.jpg












神武天皇を奈良の都まで道案内したとされる,三本足の烏。












H20010052.jpg











Jリーグのマークになり,にわかに注目されるようになった。












H20010057.jpg










紀州は何もない。本当に辺鄙な土地である。なぜ,徳川幕府が御三家として紀州を治めたのか。











H20010060.jpg










当時の日本人の神様を押さえておく必要があったのだ。











H20010056.jpg










明治維新で徳川と共に,熊野は日本の歴史から消えた。昔の日本人の精神世界の中心であった熊野が全く顧みられなくなって久しい。











H20010065.jpg












キリスト教とユダヤ教の聖地エルサレムのように,かつて日本の聖地は熊野だった。














H20010064.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



歴史の影に隠れた熊野。今もひっそりと。



テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/07(月) 22:17:11|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日の出を拝みに,神倉山のごとびき岩に初詣。

鳥居の前で

H20010068.jpg


撮影日時2008/01/01 06:28:14
Tv(シャッター速度)0.5 秒
Av(絞り数値)F3.2 ・・・画像情報より
かなり暗かった。手持ちでは限界。












H20010002.jpg


熊野灘の初日の出
撮影日時2008/01/01 06:56:3














H20010003.jpg


















H20010006.jpg









妻と一番下の娘と。









H20010009.jpg
















H20010010.jpg



神倉奉賛会の皆さんが,甘酒を振る舞ってくれた。冷え切った手足があったまった。
祖母も生前,この奉賛会でいろいろしとったなぁ。












H20010011.jpg

















H20010012.jpg

















H20010013.jpg



この石段を一番下の娘を肩車しながら登った。
しんどかったよ。












H20010014.jpg
















H20010015.jpg



神倉山とごとびき岩を正面から望む。その下が天の磐盾。
神武天皇の伝説の地。

実家はその麓にある。私はこの山を見ながら育った。









H20010016.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8



ようやく,仙台に戻って参りました。

ずいぶん遅くなってしまいましたが,

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/06(日) 22:42:51|
  2. 紀州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ