千代sendai熊野

sendai from shingu

千歳山のこんにゃく屋さん 山形グルメ情報

我が家のお気に入り山形市にでかけると良く寄らせてもらう。みそでんがく150円,玉こんにゃく1串150円,おにぎり120円。どれもおしいい。新宮には無かったな~。こんにゃくってこんなに旨いもんだったとはしらんかった~。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

東北芸術工科大学 卒展・修了展 これで最終回です。

長らく卒展についてUPしてきました。ついに,打ち止めです。撮りました。3回ぐらいに分けてアップするつもりでしたが,ついつい・・・選びきれませんでした。とにかく,素晴らしいです。毎年,会場の雰囲気が変わるのがまたすごい。二つとして同じ作品がない。(当たり前か。)また,来年も行きます。期待しています。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

卒展・修了展 part12

PhotoGRAHICA「旅と写真」に藤原新也氏の記事が載っていた。作家であり写真家でもある。そして時に絵も描く。なぜ,両立できるのかという記者の質問に「写真を撮ったり文章を書くのは疲れる作業なのだが,絵を描くことは自分にとっては遊びであり,功名心や世間の評判からは一切離れられる。写真や文章は脳の一部が強烈に偏って疲れるのだが,絵では脳が全体的に使われ疲労がやわらい感じがする。絵を描いた後は自然とフェードアウ...

東北芸術工科大学 卒業・修了展 

第1問です。これは,何でしょう。第2問,これは何でしょう。第3問,これは何でしょう。第4問,これは何でしょう。第5問,これは何でしょう。第6問,これは何でしょう。第7問,これは何でしょう。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8答えは,「続きを読む」へ。...

「アンモナイトが語る大陸移動」永広昌之教授サイエンスカフェに出掛けた。

永広昌之教授の講演を聞いた。 東北芸工大ではなく,東北大の企画アンモノイド・・・初めて聞いた。・・・オウムガイやアンモナイト類の総称。広い概念。その化石から,古代の地球を探ろうというもの。現在,生存しているオウムガイは赤道近辺に生息する。暑い地方だ。北上山地南部(牡鹿半島~岩手県遠野)あたりは,日本有数のアンモナイトの産地である。デボン紀,石炭紀,ペルム紀,トリアス紀,ジュラ紀,白亜紀の全ての地質...

東北芸術工科大学 卒展・修了展 part9

発想は浮遊するものではなく,具現化して初めて発想となる。発想は自由である。自由という概念は定型化した枠組みがあるから存在し得る。自由な発想の具現化。ここの大学の学生さん達の作品を見て,これからの日本も捨てたもんじゃないと思った。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

東北芸術工科大学 卒展・修了展 part8

いよいよ,年度末になった。来年度の今頃は何しとんのかな~。不安と少しの期待が交錯する。(両者は不等号の関係)いずれ,しんどいやろな~。やるしかないわな~。朝日が昇る位置が,だんだん左側に移動してきた。ちょっと前まではオレンジ色の朝日を眺めながら,い~な~と思いながら,ちょっと枯れてきたやる気を出さないかんな~と思っていた。昨日も今日も,見事な茜色の雲と朝日だった。オレンジ色からすぐに白色になる。眩...

芸工大 卒展 part7

展示内容は千差万別。モノがあったり,空間だったり,光だったり,メッセージだったりする。エコを意識したショップ自体が卒論。蜜蝋で作ったキャンドル。自然食品と「マイカップ」での生活を提案。現代社会は,ペットボトルにはじまり,トレーやパックなど食事の度にゴミが出る。ゴミ,ゼロの買い物は不可能か。確かにジュースの中身だけ売ってくれれば,有り難いな~。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75...

東北芸術工科大学 卒展・修了展 Part6

卒展の写真のアップがなかなか終わりません。ここの学生さんの作品はすばらし過ぎます。来月でEOS5Dを使い始めて1年になる。この卒展の撮影も5Dでは初めて。今回は,ほぼISO1250で撮影。そして,RAW。高感度領域はこのカメラの得意分野だ。本当にありがたい。人間の目で見える明るさなら,十分な絵を出してくれる。去年の卒展のファイル(EOS-1D)を見るとかなりノイズがあり苦しい。過去には戻れないので,少しイタイ。銀塩時代...

卒展2007 東北芸術工科大学  ~2008年2月17日  

今年の卒展も終了した。東京会場でも行うそうだ。今年初めて,全会場を回った。(回ることができた。)スタンプラリーがあり,子供達は喜んで全部を回った。どれも面白く,終了時間ギリギリまでかかってしまった。外に設置されていたハニカム模様の小屋?卒展スタッフが案内をしていた。スタンプラリーの終了と引き替えに,はちみつレモン1杯。この企画運営自体が卒論という学生さんがいた。このスタンプラリーやスタッフジャンバ...

デザインの力 東北芸工大 卒業・修了制作展 2007 part4

ガム?ではない。チョコレート?ではない。キャラメル?ではない。これらは,キャンドル。日本語ではロウソク。学生さんが熱心に説明してくれた。興味深い説明だった。発火したり溶けてしまったり試行錯誤の末ようやく完成したそうだ。その途中経過を詳細に記した冊子も作成。展示用ポスター日常の生活にデザインが溢れている。誰かが,どこかで考え,形にしたもの。この大学発のデザインもきっと身近に「ある」のだろう。素晴らし...

東北芸術工科大学 卒展 ただいま開催中。

果てしなく続く展示一つ一つに込められたエネルギー「芸術は爆発だ!」岡本太郎の言葉を思い出した。納得。すごいです。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

ハウルのようなテーブル。 卒展Part2

今年の卒展で一番印象に残った作品。ハウルのようなテーブル。金工作品。鑑賞のための芸術品ではなく使用を前提にした金工作品なので,どうぞ触って下さいという作者の説明に,人だかりが途絶えなかった。家の外には池があり,ベンチもあった。外の畑は収穫できる。集中スイッチであらゆる場所のLEDの点灯が制御できる。秀作であった。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

東北芸術工科大学 卒展にでかけた part1

我が家の冬の一大イベント。(と,思っているのは私だけかも知れない。)(が,なにはともあれ)ここの東北芸工大の卒展は見逃せない。ハイレベルな工芸,建築,洋画,日本画,陶芸,写真,企画製品,所狭しと展示されている。街中の美術館よりず~っと楽しめる。しかも無料。2008.2.10~2.17山形市上桜田3-4-5現在,開催中。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

雪んこまつり 馬そりに乗った。

ここは,仙台市太白区秋保町二口(ふたくち)恒例の「雪んこまつり」が開催された。子供達を連れてでかけた。昨年は吹雪いて大変だったのだが,今年は快適。年々参加者が増えている。すごい人だった。南相馬市から来られた○○さん,バスが出発で~す。アナウンスもあった。「バスで来ているのか~。」駐車場の自動車のナンバーも練馬,大宮,福島,神戸・・・まぁこちらに住んでいらっしゃる方も多いとは思いますが,多士済々。野尻...

大崎八幡宮にでかけた。

今日は大崎八幡宮へ。手水舎の下の白玉石は凍っていた。仙台に住んで七年目。初めての八幡宮。黒と金の桃山様式。伊達だ。以前住んでいた三重県の伊勢神宮とも,新宮の速玉大社とも違う空気があった。華麗な建物が冬の空気にとても映える。決して派手とは感じない。神社はその土地の光によくなじむものだと思った。ここは仙台。仙台らしい神社だ。春を願い無事を感謝した。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-7...

段ボールで遊ぼう 段ボールアート

郡山駅前のビッグアイのふれあい科学館に,特設会場があった。段ボールの遊具はけっこう良いかも。つるつるした表面が暖かい。予想外に,けっこう頑丈。滑り台もあった。う~む。大丈夫。耐用年数を過ぎれば,紙として処理できるし。プラスチックの遊具よりエコな感じ。ここにも宮城県塩釜高校の段ボールアート,ガンダムシリーズが3体あった。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

仙台市小中学校図工・美術合同展にでかけた。

仙台メディアテークで作品展があった。娘の作品を見に(撮影しに)行く。やはり高学年になるほど面白い。先生方の苦労も偲ばれるな~。ご指導ありがとうございました。力作揃いで,楽しませていただきました。娘の作品はこのブロクの作品にはならなかった・・・。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

郡山市ふれあい科学館

ここは郡山駅前のビッグアイビル。世界最高の(位置にある)プラネタリウム。ギネス認定証があった。月の重力体験コーナー(6分の1)や月面探査機操縦シュミレーターなどがある。探査機の上にあるカメラの画像で操縦するのだが,ご丁寧に3秒程度遅れて動くように設定してある。宇宙と地球の交信にかかる時間。身を乗り出すと,画面に数秒前の私の顔が映る。子供達は大ウケ。自分の顔を映す。数秒前の自分が映る。大ウケ。違う遊...

大内山脇動物園

旭山動物園が動物園の一つの究極ならば,ここも一つの究極やないかな~。ZOO?ZOO.CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

日本一小さい動物園 

ここは,大内山動物園。  三重県度会郡大紀町大内山にある。世界最小かもしれない。たぶん,初めて行った人は驚く。きっと驚く。「何が」って?全部。新宮に帰る道のりは長い。車の長旅は子供達には苦痛だ。それでちょっと寄ってみた。それは5年以上前の話だ。子供達にウケた。最高に喜んだ。直接手でエサを与えられる動物園は全国でもここだけかも知れない。行く度に,なぜか動物が変わっている。減ったような増えたような。今...

ティッカ  おしゃれなお店でした。

「ティッカ」とはネパール語で「満足」という意味。古い家をつくりかえた,小さなお店。古さの中に新しさがモザイクのよう。去年の末から我が家のお気に入り。この店を見つけてティッカ。食事をしてティッカ。今日は壁に宮城教育大学付属特別支援学校の生徒さんの作品が飾られていた。みんな上手。味のあるお店です。CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8...

湯ノ口温泉へ

ここは,三重県熊野市紀和町。トロッコ列車が運行されている。かつてここには銅鉱山があった。新宮から30km位あるだろうか。全て山道なので距離と距離感が一致しない。大きくルートは2つあり,1つ目は熊野大橋を渡り,海岸線を北上,阿田和(あたわ)の街から尾呂志川(おろしがわ)沿いの道を上流へ。風伝峠を越えて,板谷,湯ノ口へ。もう一つのルートは新宮から桧杖のトンネルを越えて,熊野川町日足(ひたり)の三和大橋...

金平糖のような花

藤原新也氏の最新刊「名前のない花」のタイトルにもなった花だ。新宮にもあった。路地を歩く。 子供の頃見つけた小径。中上健次氏の路地という言葉は別の意味に使われるのだが,この辺は違う。新宮にはこのような「路地」が無数にある。自転車がすり抜けていく。その先に,おった~。 彼のテリトリーはこれ位の距離。限界やった。 昔っからあるこんな石垣。あんまり他のところで見やんよ~な。えらいしっかり作っとる。何でやろ...