千代sendai熊野

sendai from shingu

足尾銅山の坑道へ

H200330030.jpg








いろいろな展示があった。







H200330033.jpg








枝銭。なるほどね~。








H200330037.jpg








和同開珎もあった。これか~。奈良時代の約1300年前の最古の貨幣。








H200330038.jpg
















H200330011.jpg








発破準備完了。








H200330008.jpg








ドドーン。

-赤い点滅-

風がフーッと流れてくる。テガコンデイマスネ。








H200330012.jpg








銅インゴット

つまり,銅の延べ棒。

め~ちゃ重っ。








H200330009.jpg















H200330020.jpg








なかなか勉強になりました~。








H200330042.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



こんなのを買ってしまいました。
「一生モノ」
「抗菌グッズ」
「純銅製」のうたい文句に惹かれました。   [足尾銅山の坑道へ]の続きを読む

テーマ:■旅の写真■ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/29(火) 21:19:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

足尾銅山観光  アプト式バッテリーカー補機付き列車

H200330415.jpg








日光観光のあと,足尾銅山の観光に。








H200330416.jpg








日光中禅寺湖の裏側は足尾銅山。実は近い。いろは坂を登らすに渡良瀬川沿いに群馬県側に進むと栃木県足尾町に着く。








H200330422.jpg








坑道の一部が観光用として整備されていた。








H200330420.jpg








宮城県の細倉マインパークは徒歩で入坑。福島県郡山市近郊の高玉金山はトロッコ列車。








H200330421.jpg








しかし,ここのトロッコ列車はひと味違った。








H200330428.jpg








急勾配区間はアプト式の補機(バッテリー式機関車)が付く。








H200330425.jpg








実は,客車自体がバッテリーカーで自走可能。 








H200330429.jpg








出発してからしばらく急勾配を降りていく。アプト式機関車の出番だ。








H200330437.jpg








坑道の中は水平。








H200330439.jpg
 







けっこうスピードを出して走る。








H200330443.jpg








つきあたりの駅で降りて後は徒歩。蝋人形やパネルで銅山の歴史を展示した坑道を歩く。

















ひっそりとした過疎の町。早春の足尾町,観光客もまばらだった。

でも,我が家はいつも人の少ない観光地を探す。

ここも,人は少ないが見応えがあった。なかなか興味深かった。








H200330041.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/27(日) 20:46:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ぱぴハウス 角田市グルメ情報

角田市はいろいろ美味しい店がある。(飲み屋も個性的。)

なかなか好きな街。

H200405031.jpg















H200405038.jpg















H200405005.jpg















H200405042.jpg


今回はピザを食べに角田市に。

ピザはおいしいけれど,値段が高い・・・というイメージ。でも,ここのピザはコストパフォーマンスが高い。しかも,本格派。











H200405049.jpg


家族みんなで,M1枚と半ずつ。 はらいっぱ~い。 満足(^-^)












H200405043.jpg















H200405009.jpg
















H200405012.jpg















H200405022.jpg



ごちそうさまでした~。













H200405051.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


メニューはこちら。 [ぱぴハウス 角田市グルメ情報]の続きを読む

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/25(金) 21:15:35|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我妻家住宅 part2

H2004200656.jpg








母屋は奥行き38mの数寄屋造り








H2004200421.jpg















H2004200389.jpg








裏庭には,池と柿,琵琶の古木。








H2004200478.jpg















H2004200398.jpg








板蔵には,入口がない。

主人のみが,その開け方を知っている。ボランティアガイドさんも教えてもらっていないそうだ。

周りをぐるり1周。確かに扉がない。どやうら板を組んで壁にし,板を外す仕掛けがあって開くようだ。









H2004200445.jpg















H2004200658.jpg















H2004200467.jpg








気持ちの良い日差しだった。








H2004200484.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/24(木) 22:47:26|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

重要文化財 我妻家住宅(あがづまけ) part1 宮城県蔵王町曲竹字薬師前4

桜も終盤。山間に残っている桜は無いかな~。
H2004200655.jpg








また,桜さがしの旅で偶然出会った「我妻家住宅」。








H2004200320.jpg








公民館の駐車場に車を停め,見学の旨を伝えると,ボランティアガイドさんが案内してくれた。








H2004200329.jpg








母屋は宝暦三年(1753年)に建築された。








H2004200326.jpg








建物の中は曲がった丸太組の構造。

礎石の上に丸太の柱。

梁,桁,管柱(くだばしら),全て丸太である。

材は栗。

四角く面取りしないで使う方が丈夫だそうだ。う~む,言われてみると当たり前か。








H2004200330.jpg








宮城県は地震が多い。しかし,歴代の大地震でもこの建物はびくともしなかったそうだ。

たびたび大学の建築の専門家が見学に来るらしい。









H2004200349.jpg















H2004200360.jpg








家族は三人。使用人は十人以上。

当時の暮らしはどんなものだったのだろう。








H2004200385.jpg















H2004200376.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8



続きは次回。


にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:□仙台を楽しむ□ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/23(水) 21:42:39|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

史上最強の遊具 これは教育の原点だ。  柴田町立柴田小学校

H2004200623.jpg








何これ,何これ。








H2004200511.jpg








落ちたら,ドボンやん。

こんなのえ~の。電柱1本やで。








H2004200630.jpg








ドラえもんでしか見たこと無いと聞く「土管」。

うちの近所の空き地にはあったよ~。

30年前。








H2004200626.jpg















H2004200600.jpg








何これ,何これ。








H2004200570.jpg








ず~








H2004200525.jpg








う~








H2004200556.jpg








う~








H2004200552.jpg








~っと滑った先には「ネット」?

どんな滑り台なんや~。

しかし,予想通りというか閉鎖していた。

上から眺めた限りには校舎4階程度の高さがある。


かつて,子供達は喜んで滑っただろう。

スタート地点の急勾配はさぞかしスリルあったやろな~。








H2004200654.jpg








こんなスリリングな遊具のある小学校は全国広しといえどもここだけとちゃうかな~。感動。めっちゃ感動。

そもそも,子供はスリルを好む。子供はわざわざ牛若丸のように橋の欄干を歩きたがるのはなぜか?という本を読んだことがある。
確かに橋の欄干を渡らなくとも,男の子は登ったり,飛び降りたり,危険が大好きである。(小さい頃そのような行動をしないと,高校生ぐらいでバイクで吹っ飛んだり,挙げ句ナイフで人殺しをしたり・・・)とにかくヒトは恐怖感のある行動を本能的に好む(必要とする)という。
これは脳の中央部付近にある脳幹(欲求中枢)が刺激を求めるためのようだ。
危険な行動をすると脳幹が刺激を受け,スリルから快感が生まれる。

これを抑圧すると大きくなってからその「快感」を求めてしまう。  ・・・犯罪となる。

体が小さくて,重力による落下速度が小さいうちに,飛び降りたり,転んだり,落ちたりする方が「健全に」成長するらしい。

最高の遊具だと思う。

池に落ちたらえ~やん。みんなで笑ったらえ~やん。

滑り台で吹っ飛んだらえ~やん。

この遊具を設計した人を尊敬する。子供は風の子,元気な子。絶対や。


この滑り台の封鎖解除してやれんかな~。惜しい。惜しすぎる。








H2004200610.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/21(月) 21:47:17|
  2. 持論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

平沢弥陀の杉(だるま杉) 宮城県蔵王町大字平沢

桜は無いかな~。

できれば古木。

できれば人のいない所。

昔の学校跡地などにあるからな~。




H2004120368.jpg




そんなことを考えながら向かった先は,宮城県蔵王町円田界隈。

いつもながら,無計画な行動。

付き合わされる家族もたいへんなのは承知の上。






H2004120162.jpg








遠くの山一面が白い。

梅だ。








H2004120168.jpg








近づくと「だるま杉」?の看板。

お~,これは寄らないかん。








H2004120151.jpg
















H2004120150.jpg















H2004120192.jpg

















H2004120369.jpg









桜さがしの旅から,急遽巨木と梅を見ることに。

家族もたいへん・・・でもなく,喜んで走り回って遊んでいる。









H2004120197.jpg
















H2004120198.jpg















H2004120214.jpg








結果的にみんな満足。

めでたし,めでたし。









H2004120175.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8




にほんブログ村 写真ブログへ




テーマ:□仙台を楽しむ□ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/19(土) 11:09:31|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

龍島院庭園 宮城県村田町

H2004120364.jpg









H2004120010.jpg

前から気になっていた,龍島院の庭園を見に行った。









H2004120021.jpg













H2004120022.jpg

池を囲んで山の斜面に様々な植物が植えられている。ツツジの咲く頃は見事であろう。




きっと桜があるはず・・・と思いでかけたのだが,色々な花が咲き乱れていた。







H2004120039.jpg














H2004120051.jpg














H2004120083.jpg

お寺の方から縁側でお茶とお菓子をいっぱい頂いた。














H2004120102.jpg

子供達は走り回ってごきげん。私は撮影。 入園料100円。














H2004120109.jpg














H2004120116.jpg















H2004120367.jpg
CanonEOS5D EF70-200f2.8L

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

  1. 2008/04/17(木) 20:27:53|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

一目千本桜 宮城県大河原町金ヶ瀬

H2004120234.jpg


一目千本桜として有名な大河原町。

残雪の蔵王を背景に白石川沿いの桜並木というのが定石となっている場所だ。

鉄道写真としても,東北本線の写真と言えば大河原-船岡間の桜並木が背景として使われる。

そして地元民としては船岡城趾のケーブルカーに乗り山頂から眺めるのが,家族みんなが楽しめるお花見コース。





H2004120233.jpg


私はあまり人混みが好きではないので,その城跡から大河原市街地を挟んで,ちょうどその対角線側の金ヶ瀬の桜を見に行った。










H2004120231.jpg
















H2004120287.jpg


白石川沿いに植えられた桜並木がちょうど終わるところに金ヶ瀬がある。

近所の人が犬を散歩させていた。










H2004120358.jpg


私の家族以外には,ほとんど花見の姿は無かった。

静かな夕暮れだった。

うちの娘たちが桜の古木に登って遊んでいた。 ほんまはあかんやろな~。










H2004120361.jpg
















H2004120360.jpg















H2004120252.jpg
CanonEOS5D EF70-200 f2.8L


にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2008/04/15(火) 21:24:21|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

青葉城大手門の桜

H2004120355.jpg















H2004120316.jpg







仙台城は別名「青葉城」と呼ばれる。

昨日の雨で,木々が一斉に芽吹いた。定禅寺通りの欅並木にも赤い小さな芽が出ていた。

いよいよこれからが,青葉の季節。やわらかな緑に包まれる日も近い。







H2004120351.jpg








夜桜。満開。








H2004120357.jpg















H2004120347.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8 ISO1250RAW

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2008/04/14(月) 21:13:30|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここはイタリア記念公園。 日光中禅寺湖畔にある。

H200330369.jpg















H200330375.jpg








ここは,イタリア大使館別荘








H200330358.jpg















H200330364.jpg
















記念公園。 日光中禅寺湖畔にある。

H200330348.jpg
















H200330347.jpg
















H200330373.jpg
















H200330383.jpg
















H200330385.jpg








イタリアから栃木県に払い下げられて,今は日本人の利用できる公園となっています。








H200330367.jpg








3月末はまだ冬でした。 これからヤシオツツジが咲き,新緑の春を迎えるでしょう。

季節感がなくてすみません。








H200330379.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ


[ここはイタリア記念公園。 日光中禅寺湖畔にある。]の続きを読む

テーマ:■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■ - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 21:44:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日本一の滝

日本一の滝は,和歌山県那智勝浦町にある「那智の滝」と地元では言う。


H200330335.jpg








日本一の滝は,日光「華厳の滝」とこちらの地元でも言う。








H200330336.jpg















H200330340.jpg








ま,どっちでもえ~やん。








H200330342.jpg








滝は素晴らしい。そして火山岩の柱状節理が男体山の噴火を彷彿させる。中禅寺湖を堰き止める溶岩ってどんなんやったんやろ。








H200330344.jpg








この地下トンネルにも,ある意味感動。

よ~つくったな~。








H200330333.jpg








熊野那智大社の御神体の滝とは,人間の仕掛けた装置がかなり違う雰囲気。








H200330345.jpg








那智山も平安時代?の最先端の技術「石畳」で降りていく道を造ったからな~。








H200330346.jpg








同じと言えばおんなじか~。








H200330339.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/10(木) 22:05:40|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水産総合研究センター中央水産研究所日光庁舎 旧宮内省御料局日光養魚場があった。中禅寺湖

H200330295.jpg















H200330329.jpg















H200330328.jpg















H200330326.jpg








水産総合研究センター中央水産研究所日光庁舎

「さかなと森の観察園」として日本の漁業についての展示施設があった。








H200330330.jpg















H200330316.jpg








ここは日本で初めて,内水面養殖漁業(マス科の魚)を根付かせた場所である。








H200330318.jpg















H200330319.jpg








静かな佇まいであった。

清水の流れと,しんとした空気。








H200330320.jpg








明治時代にこの地に魚を放流した時,どんな気持ちだったのだろう。








H200330314.jpg















H200330324.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/07(月) 19:03:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日光でランチ

H200330462.jpg








食堂スズキでランチをいただく。








H200330284.jpg















H200330281.jpg








ゆば入り2色生パスタ 1200円








H200330464.jpg















H200330286.jpg








楽しいお店だった。
ソファーとテーブルだったり,カウンター代わりの机は高さが違ったり。








H200330291.jpg








この,何ともごちゃごちゃした感じが落ち着く(笑)。








H200330292.jpg








整った都市計画された町並みの歩道を散歩するよりも,下町の路地裏を散歩する方が落ち着くのと似ている。たまには背筋をピンと伸ばした食事もいいけど,食事の時は副交感神経が優位の方がいいな~。








H200330282.jpg















H200330285.jpg















H200330289.jpg








お店も工夫された造りだけれども,料理も工夫されていて楽しい。








H200330293.jpg















H200330463.jpg








ごちそうさまでした。

また,行きま~す。








H200330294.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ




メニューはこちらです [日光でランチ]の続きを読む

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/05(土) 20:59:23|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

偉業 幕府作事方大棟梁甲良宗広

H200330447.jpg








甲良豊後守宗広(こうらぶんごのかみむねひろ)








H200330223.jpg








徳川家光の命によって造営された日光東照宮。

幕府作事方大棟梁(さくじがただいとうりょう)の甲良宗広がその任に当たった。








H200330224.jpg








その工期,わずか1年5ヶ月。

信じ難い。








H200330217.jpg








いったい何人でこの建築にあたったのだろうか。

それにしても,全てに凝っている。

大石を削りだして,手すりをこしらえている。








H200330221.jpg








日光東照宮と言えば,狩野派の極彩色の彫刻が目に浮かぶが,実はその基礎となる石材加工技術も非常に高度である。

これだけの細工がそれぞればらばらに自己主張することなく,全体として統一されて見えるのはこの重厚な土台によるものではないだろうか。

基となる礎。目立たないが重要なポジション。








H200330243.jpg















H200330238.jpg















H200330458.jpg















H200330461.jpg















H200330253.jpg















H200330257.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 21:52:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

日光東照宮で結婚式か~,い~なぁ。

H200330450.jpg















H200330453.jpg















H200330455.jpg


なにやら人だかりがあった。のぞいてみると,花嫁さんがいた。












H200330187.jpg















H200330456.jpg


そういえば,新宮の熊野速玉大社でも結婚式をやっていたっけな~。

我が家は日本基督教会新宮教会だった。

長女も中学生になる。あっという間の十数年だった。

次は親として式に望むことになるのか~?








H200330207.jpg















H200330266.jpg
















H200330273.jpg















H200330276.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/03(木) 20:11:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

日光東照宮にでかけた

H200330176.jpg















H200330177.jpg








何年ぶりだろうか。東照宮にでかけた。








H200330449.jpg















H200330189.jpg








日光宇都宮道路を走る。

のんびりした風景が続く。数百年の昔はもっとのんびりしていただろう。

徳川家康はなぜここに御廟所を建てさせたのだろうか。ふとそんな疑問が湧く。








H200330192.jpg















H200330200.jpg








男体山を中心とした神仏混合の聖地。

熊野三山とは違う趣を感じる。私の感覚では何か新しく感じてしまう。



京都からはるばる詣でた熊野。

遠い熊野古道を越えた,ひとつの「極」地である。



武蔵野に新たに造られた江戸。

その聖地日光。

江戸という都市の存在しなかった頃の日光はどれくらいの規模でどのような人々が詣でたのだろうか。



よくわからないが,その地に「極」を感じないのは私だけだろうか。








H200330201.jpg















H200330203.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/02(水) 19:28:23|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ