千代sendai熊野

sendai from shingu

国立博物館にて 黒田清輝展

東京芸術大学美術館は閉館だった。がっかり。ど~しょ~か,な~。東京都美術館に行くか,国立西洋美術館に行くか。う~む。やっぱり,東京国立博物館にしよかな。お~黒田清輝展をやっとるやんか~。博物館で美術鑑賞もええね。学芸員さんに訪ねる。「撮影禁止マークの付いていないものは撮影可能ですか?」「フラッシュ撮影でなければ可能ですよ。」お~。これはラッキー。高ISO撮影は5DMark2の面目躍如かな。結果的に,博物館...

上野 比叡山寛永寺にて 

三門をくぐると,外の喧噪が嘘のようだ。 雨上がりの寛永寺は萌緑が輝いていた。青空に向かってみんな一斉に芽を伸ばしている。春日の輝きとしっとりした空気が何とも心地良かった。CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD...

国立科学博物館にて 上野本館

上野。東北の玄関口。これまで上野駅で乗りかえたことは多々あったが,この地に降り立ったことは,今回が初めてだった。「上野発の夜行列車降りた時から~♪」というフレーズはこれまでに幾度となく聴いた。勝手に自分で作り上げた「上野」のイメージとは全く違う,春爛漫の上野公園だった。前々から行きたかった場所。国立科学博物館。すっと流せばそれなりに楽しめる。じっと読み込むとなかなか奥深い展示だった。旅の常で時間と...

天台宗寒松院・東叡山林光院 上野にて

カーテンを開けると窓ガラスに水滴が付いていた。雨か~。フロントで傘を買って,ホテルをチェックアウトした。坂道を上り,角を曲がった。国立科学博物館に向かう真っ直ぐな道。すれ違う人に傘の水滴がかからないように気を付けて歩道を歩く。ん?道の向こう側にある寺院にふと気付き,惹きつけられた。立ち止まり,道を引き返して,横断歩道を渡った。傘をかすかにたたく雨音。時間の流れが違うような気がした。雫のついた芽。雨...

国立科学博物館 大恐竜展日本初上陸に遭遇した。

国立科学博物館に行ってみよう。生憎の小雨の中を歩く。ふと見上げると,桜の蕾がたわわに。何だ,この人は?子供連れの集団が足早に進んでいく。愛地球博並み。そっか~。大恐竜展やったんやね。知らなんだ~。只の科学博物館を見に来たんたけど…。ま,それもええやろ。見てこか~。フラッシュ,動画撮影は禁止。なにげに5DMark2は役に立った。高ISO撮影はお手のもの…。(こんな仰々しいカメラ持って見に来ている人は他に見なんだ...

上野公園にて

ニヤッ木曜日は東京へ出張だった。春分の日は上野公園へ行くことに。初めて上野公園を歩いた。朝方降っていた雨も上がった。暑い。こりゃ仙台と違うぞ~。草は芽吹き,桜の花芽はもうすぐにでも弾けそうだ。植えている植物もよく吟味されている。あちこちで咲いている椿も,絞りの八重咲きだったり獅子咲きだったり珍しい。国立博物館の庭園にあったアオキの葉の斑入りの感じが初めてだった。色んな時代に色んな場所から良いものを...

村社白子神社

一面純白だった置賜盆地はゆっくりと色を変えて僅かに緑が広がりはじめた。村社白子神社かつて誰かがこの土地に魂を吹き込み社を造った。それからずっと大切に守られてきた。これまで多くの人が集い,笑っただろう。あちこちに為を感じた。今とこれから時の流れを,ただどうすることもできずCanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD...

堀金熊野神社にて

熊野神社を見つけた。境内には自分の杉落葉を踏む音だけが響く。もう夕暮れだ。仙台に戻らねばならない。ふと,小雨が辺りを濡らしていることに気付いた。かつてここには,皆,大きくなって,時を止めておきたいという心を感じた。胸が詰まる思いがした。CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD...

秋晴れだァ芋掘りだァ月刊明星 壽丸屋敷にて 宮城県白石市

宮城県は仙台を中心にそれより北を「仙北」それより南を「仙南」という。仙南の中心都市の一つに白石市がある。しらいししではない,しろいししだ。「不忘の麓,水清らかに~♪」の白石高校と「臥牛舘内,名に高く豊成閣の礎に~♪」※旧校歌 の角田高校で定期戦が続いている。この角田もよく呼び間違えられる。「かくた」ではない「かくだ」である。私はかつて白石市に住んでいた時期があり,角田市に住んでいた時期もある。仙南の...

祈る  宮城県名取市熊野神社

景色はいつも同じでも目に映る景色は,その時の気持ちで違うものだ。もう春なのか,まだ冬なのか日々揺れながら,時間は確かに進んでいく。世の中,正しいもの割り切れるものではない。子供の頃,世の中は正しいことで成立しているのだろうと思っていた。世の中は正しい方向に成長していくものだとも思っていた。そうかもしれない。でも,もしかすると何もかもが間違っていて,間違っているものどうしがきれいに組み上がっているの...

仙台港の光景

10年ぶりぐらいとちゃうかな~ここに来たのは。コンテナヤードなんか無かったもんな~。この前来た時には,コンテナヤードが出来た辺りの埠頭には中古車を積み込むロシア船があって,何か物騒な雰囲気やった記憶がある。あの頃,サーファーもおったんかな?記憶がない。さらにその10年ぐらい前,初めて仙台港に来た頃は,走り屋がおってゼロヨンとかやっとったような気がする。昼間はアスファルトの上のブラックマークしか無か...

熊野那智神社にて 宮城県名取市

定額給付金の取材で,和歌山県の北山村(飛び地)が脚光を浴びている。ここは昔から新宮と縁のある村だ。村の職員が一軒一軒手渡しで渡しているらしい。その理由は地元で消費して欲しいとのお願いも兼ねてだそうだ。そして北山村にある商店へカメラが入る。こちらでの買い物客はいますか?お店のおばちゃん 「全然おれへんで,そんなん。」これからお客さんは増えそうですか?おばちゃん 「全然来ぃ~へんわ。」紀州には敬語がな...

縄文の森広場にでかけた。宮城県仙台市太白区山田上の台

縄文ふゆのコンサートなかなか良かった。復元した竪穴式住居や縄文人の麻の衣服を見ると,「寒そう。」仙台は東北地方の中では暖かい方だが,大丈夫だったのかな~。朝起きて暖かいストーブの前で着替える。寝る前にタイマーをかけておくと朝,勝手に着いている。便利だ。仙台でのストーブの無い生活は考えられない。我が故郷,新宮の実家では冬の暖房はこたつだけだった。洗面所でお湯は出なかった。いくら温暖な紀州でも冬の朝は...

久しぶりに感じる違和感。小沢党首に何が起こったのか。

違和感。かつて,小沢代表が民主党の党首の辞表届けを突然提出するという事件があった。2007/11/04(日) 17:39:17のエントリー。あの時も違和感を感じた。今回もだ。このタイミングで狙いすましたように国家権力が動いた。何故だろう。日本のマスコミの報道は曇りガラスのようなものだ。その向こう側は事実から推測し,論理に矛盾がないかどうかで判断せざろうを得ない。「日本という民主国家には思想統制や言論誘導など無いはずだ...

いきかえろう。東北芸工大卒展…ついにpart10

いきかえろう…だ・ね~。あるな~。生き返る瞬間。背中に背負っている何物かが,すぅ~っと軽くなる瞬間。誰かから期待される…のも,実は重荷になっていて,誰かから認められた瞬間にす~っと溶けて,じわ~っと明るくなる。いきかえろう。人間,互いに生き返らせながら,生きているんだろうな~。認め,認め合う。簡単なことなのに,やれてないな~。意識してみよかな。CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD...