千代sendai熊野

sendai from shingu

仙台あおば祭 今年は雨

長井市の白ツツジまつりを見に行くか,それとも仙台あおば祭か。

今年はなかなか休みが取れず,この休みは貴重だ。

う~む,どう~しょう~かな。

H2105a00001825.jpg





あかん。雨や。

どっちもあかんな~。

よ~し,あおば祭に行くぞ~。







H2105a00001812.jpg





タイショーパーキングに車を停めて,藤崎の商品券を購入してパーキングチケットをゲット。

雨なのでなるべく屋根の下がいいな~。

仙台いろは横町を歩き,アーケード街に。




H210500001058.jpg








お~やっとる,やっとる。







H210500001042.jpg






トトト,トトト♪

ぴぃーぴら,ぴぃーら♪

ぴぃーぴら,ぴぃーら♪

トトト,トトト♪

仙台人には馴染みのある,あの音色が響いてくる。




H2105a00001814.jpg







そっか~雨天時はここで踊るのか~。






H2105a00001815.jpg






雨バージョン。

山車はそのまま。

同じ場所で,順番に何回かすずめ踊りを披露している。

それも,なかなか良かった。






H2105a00001816.jpg





昼食はビッグマウスのハンバーガーとベーコンレタスバーガー。

数年ぶりか?に,食べた。

しっかり,パンの味,肉の味がする。

ウマかった~。





H2105a00001824.jpg






午後も,こちらが移動してすずめ踊りを見る。







H2105a00001819.jpg







みんな楽しそうだった。







H210500001275.jpg






2日間踊り詰め。かなりの運動量だと思う。







H2105a00001821.jpg







みなさん,お疲れさまでした~。

見に来て良かった。

楽しませて頂き,ありがとうございました。







H2105a00001823.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ







テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2009/05/31(日) 21:57:22|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中新田 火伏せの虎舞 part2

H2105a00001809.jpg




雲は龍に従い


風は虎に従う。




H210400004257.jpg








見応えのある祭りだった。







H2105a00001810.jpg







太鼓の音に合わせて,虎が舞う。







H210400004273.jpg





乾燥した季節,中新田を火事から守るためのお祭りだった。

その云われは火事で焼失してしまったので,よく分からないらしい。






H210400004277.jpg















H210400004297.jpg















H210400004280.jpg
















H210400004317.jpg






みんな上手でした。

楽しませて頂き,

ありがとうございました。







H210400004320.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ








テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/29(金) 21:24:51|
  2. 自分的にお気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

火伏せの虎舞 宮城県中新田町

H210400004106.jpg







中新田「なかにいだ」と読む。

抜群の音響性能を持つバッハホール(音楽堂)で有名な町だ。






H210400004104.jpg





初めて虎舞を見た。

よく宮城県の観光パンフレットに載っている。

古めかしいイメージを持っていた。






H210400004109.jpg





実は,この虎の舞を踊るのは子供達。しかも大勢。

瓦葺きの町並みがあって,あちこちで行われているのかな~?と思っていたが,新しい(?昭和レトロ)商店街でこの舞を行うお店だけが瓦葺きだった。

道を埋め尽くす人波。ものすごく賑わっていた。





H210400004119.jpg





気持ちの良い天気。

青空の下,約1時間に1回,15分ぐらい舞が行われる。

出店でいっぱいになった商店街に放送で呼びかける。

「次の公演は1時からになっております。」

意外に近代的。商業的。

でも,公演毎に大量の人がはけて次の人波がやってくる。

なかなか,効率的で気に入ったぞ~。性に合う。




H210400004101.jpg





中新田高校の生徒さん達がゴミ集めのボランティアを行っていた。

踊るのは小学生~中学生。裏方を支える高校生。

聴衆は大人。

他の祭とは趣が異なる。なかなかえ~な~。






H210400004111.jpg













H210400004118.jpg












H210400004179.jpg






楽しませて頂きました。ありがとうございました~。





H210400004199.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD


にほんブログ村 写真ブログへ




テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2009/05/27(水) 21:35:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

清水園にて 新潟県新発田市

H2105a000626.jpg




くくとなき
ころころとなき
かかとなく
これさ 蛙のよろこぶ
うたか

泰阿弥




H2105a000629.jpg






泰阿弥は新潟県柏崎の生まれで,京都銀閣寺などの庭園の修復を数多く手がけた。

清水園の十年にわたる修復時に詠った。





H2105a000635.jpg














H2105a000641.jpg





うまくいっているのか

そうでないのか

泳いでいるのか

流されているのか





H2105a000637.jpg





一人でいるのか

一人じゃないのか

これでいいのか

これじゃだめだったのか







H2105a000642.jpg






自分で思えばそれで良いのか

他人が認めないと意味がないのか









H2105a000684.jpg






わからない。












H2105a000648.jpg







故郷を離れ,

色んな決断をし,

今,ここにいることだけは確かだ。






H2105a000676.jpg









蛙の声か~。

最近,聞いていないのか,聞こえていないのかよく分からない。


くくと鳴くな~確かに。








H2105a000706.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ



テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2009/05/25(月) 21:44:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

渡辺邸別邸 東桂園へ (皆さん,お久しぶりです。)

H2105a000274.jpg







渡辺邸には何度か行ったことがあったが,別邸には初めて行った。







H2105a000285.jpg








越後の国は豊かだったんだな~。








H2105a00001664.jpg








新潟県には豪農,豪商の館が何軒残っているのだろうか。

しかも,広く知られていない。

本物の金持ち(表現が拙い)は虚栄心を抑え,ひたすら質素に振る舞うものらしい。

一番恐ろしいものは,周囲から羨まれ疎外されることと知っているからだろう。

豊かな者は貧しい者に施す。古来からのアジアの流儀だ。








H2105a00001665.jpg








にわか金持ちは虚栄を張り,一瞬で燃え尽きるのかもしれない。








H2105a00001667.jpg






ニッポンの今,そのもの。

世界からどう見られているのか?







H2105a00001666.jpg






本物は違うな~。

真似できないけど。







H2105a000304.jpg













H2105a00001668.jpg














H2105a000311.jpg








実は,節穴に感動していたのね。






H2105a00001669.jpgCanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ






テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/24(日) 22:17:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

これ以上はアップロードできませんとの表示が。どうしよう。

ついに…。

H2105a000714.jpg

何回やっても,あと2枚しか画像をアップ

で・き・な・い。

「これ以上はアップロードできません」と赤字で表示されてしまう。



これは,どうやらトラブルではない。



ついに1Gの容量をオーバーしてしまったようだ。

さて,新しいブログを立ち上げるか?それには→新メールアドレスの取得。→新ブログタイトル考案。

それとも,今のままで最初の方を消すか?どこかに引っ越すか?


どっちにせ~めんど~やな~。


また一つ悩みが増えてしまった。

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2009/05/13(水) 22:26:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

渡辺邸を訪ねた。新潟県関川村

H2105a000176.jpg







昭和42年。42年前か~。







H2105a000180.jpg






チューリップまつりに行くには時間が早い。

混雑を避けて閉会時間ぎりぎりに行きたい。

よ~し,渡辺邸に寄ろう。何年ぶりかな?

以前のエントリー→渡辺邸 新潟県関川村







H2105a000184.jpg




あれ?今回は入口が違う。

どうやら今回は大改修を行っているらしい。文部科学省から数億円の改修予算が付いたそうだ。

見れない場所があるけれども,普段立ち入れない場所にも立ち入って構わないらしい。






H2105a000197.jpg








建物の外観は全く変化がなかった。







H2105a000198.jpg








一歩踏み入ると,お~畳がない。

靴を脱ぎ,スリッパで歩く。

奥座敷から見える庭園を5DMark2で撮りたかったのに。

苦肉の策の1枚↓






H2105a000215.jpg







これまで上がれなかった2階にも登った。








H2105a000221.jpg







1階では太い梁や柱は昔から見えていたが,普段見ることができない,基礎や根太が露わになっていた。







H2105a000227.jpg








改修中でも見るに堪える。

本物だ。







H2105a000232.jpg














H2105a000179.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ





テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/12(火) 21:34:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小国街道・弁当沢を行く

H210500001023.jpg







ETC割引1000円で新潟に行こう…と思ったが。

よく考えてみると磐越道は片側1車線。

行きがけに渋滞はイタイ。

国道113号線で行ってみっか~。






H210500001026.jpg







湯原の次は小国。

紅葉橋・弁当沢という風流な地名に惹かれて

休憩~。

たいがい,運転,疲れた。






H2105a000106.jpg







トンネルとトンネルの間に広い駐車場。

きっと冬場は除雪車待避とチェーン交換の場所やろな~。






H2105a000148.jpg







こういう地形はえてして旧道がある。

トンネルが真っ直ぐなのに対し,川沿いの曲がりくねった旧道。

あるある。砂利道だ。





H2105a000137.jpg







草が生え,崖の上から枝がきれいにU字型に曲がっている。

雪だな~。




H210500001024.jpg








人気(ひとけ)が無いのが最高。







H2105a000164.jpg








こういう所が本当の観光地と言うんとちゃうんかな~。







H210500001027.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ





[小国街道・弁当沢を行く]の続きを読む

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/11(月) 17:55:33|
  2. 自分的にお気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湯原で熊野神社を見つけた。宮城県刈田郡七ヶ宿町湯原

H2105a000027.jpg






5月4日

七ヶ宿街道の湯原宿を通りがかった。

集落の屋根の上に満開の桜が見えた。

学校かな?

寄ってみよか~。






H2105a000019.jpg







通りを曲がると熊野神社の鳥居があった。






H2105a000030.jpg







ハチの羽音が響く。

日差しが柔らかい。






H2105a000036.jpg







吸い寄せられるように社の方へ。






H2105a000034.jpg













H2105a000039.jpg








ゆるやかな石段を登ると,境内は小さな広場になっていた。







H2105a000047.jpg













H2105a000055.jpg






清水。


うまぃ。






H2105a000049.jpg













H2105a000062.jpg








白樺,青空,南風

コブシ咲くあの丘

北国の,

北国の春

こんな日は何故かいつも,北国の春のフレーズが浮かぶ。







H210500001022.jpg







地元の娘さんがお参りに。








H2105a000079.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ






テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/10(日) 21:40:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

新発田城三階櫓には自衛隊,財務省の協定により立入りが出来ません?

H2105a000564.jpg






新発田城は三つの鯱を持つ美しい城だった。

平成一五年に,昔ながらの材料と工法で再建された。





H210500000448.jpg







表門は享保一七年に建築され,250年たった今もそのまま残っている。





迫力が違う。凄い。






H2105a000579.jpg









切込はぎと呼ばれる隙間のない石垣もまた素晴らしい。









H2105a000528.jpg







!?







H2105a000531.jpg






城の中には入れないんですか?

「そう。だめです。」

自衛隊,財務省っていう立て札がありましたが。

「そう。ここからは見えないけど,この塀の向こうはずらっとジープが並んでおる。その階段登って見るとわかる。昔,新発田市が軍隊に売ったんじゃ。そのまま今は自衛隊。」






H2105a000546.jpg







え,そうなんですか。

「長野の松本城は観光客が何万人と訪れていると聞くが,ここは来ん。せっかく作ったのに見せられない。新発田の昔の長は先を読まんかったんじゃ。」







H2105a000559.jpg









「あの遠くに見える茶色い建物。あれは城を解体した木材を使って建てたんじゃ。」

「ところが,その手前にあの白い大きいのを建てて…景観も何もあったもんじゃない。」








H2105a000560.jpg






「でもな,この新発田の自衛隊は山古志村の地震災害を全て救助したんじゃ。

一連隊だけで。全部。」








H210500000449.jpg







「あの山古志村の村長,今は国会議員になられた。

災害が無ければ一村長で終わったやろうにの~。」







H2105a000542.jpg








塀の向こうから,訓練の号令が聞こえてくる。



こちらと違う世界が確かにある。






H2105a000599.jpg








今と昔の微妙な共存。






やっぱり,その場に行かないとと分からないことって多いんやな~。









H2105a000593.jpg














H210500000447.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ










[新発田城三階櫓には自衛隊,財務省の協定により立入りが出来ません?]の続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/08(金) 22:22:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

中条チューリップフェスティバルへでかけた。新潟県胎内市中条

H210400004483.jpg







今年はETC割引で1000円。

新潟へ行きたい。チューリップだ!







H2105a000463.jpg









初めて見たのはもう15年以上前になる。

チューリップと言えば富山しか知らなかったのだが,

その時は偶然ゴールデンウィークに新潟県に出掛け,チューリップ畑に遭遇した。









H2105a000422.jpg








日本海の松原の近くに,砂丘を開墾して作った(?)畑に一面チューリップ。

すごい。

しかも誰も観光客はいない。

畑だ。







H2105a000425.jpg








実は我が家にはもう一つ似たような花見をする時がある。

福島のモモ畑だ。

あれもすごい。一面桃色。足下には黄色いタンポポ。

さながら桃源郷。







H210400004485.jpg








今回は,中条を会場に開催されている「チューリップフェスティバル」にでかけた。

5月4日。

今年は温かく,いつもの道路脇のチューリップ畑はもう刈り取られて何も無かった。

フェスティバル会場は大丈夫か~。

一抹の不安の元,会場に到着。

残してくれていた~(^-^)。

安心。(当たり前か。)








H2105a000363.jpg







今年は観光ヘリコプターが飛んでいた。

一人4500円…。 パ~ス!

隣りにある菜の花畑の迷路が直江兼継の兜・愛の文字になっているらしい。

せめてこの半額ならば…。




実は我が家の目的は球根掘り。10コで500円。色んな品種を自由に掘って袋に詰めて持ち帰るコーナーがある。20コ掘ってきた。来春は家の庭を彩ってくれる予定。






H2105a000342.jpg







EOS5DMark2の広告に

「富士山は危険な山だ。撮影者の意志が強くなければ,ただ撮らされてしまう。 竹内敏信」

というなかなか含蓄のあるキャッチコピー。







H210400004486.jpg








チューリップ畑も危険な畑だ。



…やっぱり,撮らされてしまったかな~?








H2105a000409.jpg












H2105a000410.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ





テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/06(水) 21:14:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

蔵の工芸展へでかけた。part4

H210400004474.jpg







村田町はこれまで何度か訪れたことがあった。しかし,街中にこんなに風情があるとは思っていなかった。
過去のエントリー
奥州の蛇藤と大欅の白鳥神社へ
龍島院庭園





H210400004475.jpg







なかなか見応えがあった。






H210400004013.jpg





この蔵の町並みを貸し出して

春には工芸展,秋には陶芸市を行うそうだ。

知らなんだ~。





H210400004017.jpg








見に来ているお客さんはぱっと見,50代~60代。

(自分のいた時間帯だけかもしれませんが。)

けっこう若者向けの工芸品もある。古着の再生鞄やトンボ玉,器,組紐細工等々。

もっとファミリー層や若い人達にアピールできないものか???






H210400003933.jpg






そして,もっと若者の出展があっても良いような気がする。








H210400004072.jpg











ガンバレ村田町。

誇るべき資産は沢山ある。











H210400004066.jpg








これを見ている宮城県内の皆さん&近県の皆さん。ぜひ村田町へ。

保存状態は必ずしも良くありません。早く行ってみて下さい。

歴史みらい館も勉強になりますよ~。









H210400004037.jpg














H210400004070.jpg
















H210400004473.jpg















H210400004478.jpg















H210400004477.jpg














H210400004476.jpg














H210400004079.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ








[蔵の工芸展へでかけた。part4]の続きを読む

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/03(日) 22:36:55|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

みちのくの小京都・村田町

H210400004386.jpg








紅花商人の町

村田







H210400003983.jpg







紅花は山形というイメージだが,江戸期まで宮城県村田町では紅花を栽培していた。

当時,紅花を売るために村田商人は峠を越え最上川で酒田に下り,北前船で京都に向かった。

その帰路には京都の物品を携え,村田に戻った。






H210400004393.jpg






京都から,織物や雛人形を持ち帰り蔵に保管された。

今も当時のままの屋敷と蔵が残っている。

それで村田の町並みは小京都と呼ばれている。






H210400003991.jpg








我が故郷,新宮では「新宮弁」で話をする。

関東,東北地方の人が聞けば間違いなく「関西弁」と言う。しかし,大阪,京都の人が聞けば「東京言葉が混じっている」と言う。

新宮の材木商人は江戸の大火の度に儲けたらしい。

太平洋が繋いだ東京の文化が新宮にあるらしい。








H210400003987.jpg







遠く東北地方の山中に京都文化の村田があり,近畿地方なのに東京文化がある新宮。







H210400003986.jpg







おもしろいと思う。






H210400003979.jpg









そういう自分もこの仙台の地に,きっと,新宮文化を持ち込んでいる。







H210400003965.jpg








このBLOGもその一つ。






H210400004031.jpg








文化交流と言うと聞こえが良いが,互いに「いずい」思いをしないとも限らない。

はっきりものを言い後腐れしないのが男らしく,そうありたいという自分のポリシーは東北地方では異質である。

「強い」とか「暴力的」とか「支配的」という意味での男?ではなく,純粋に男らしくない言動をたまらなく思う。それが分かっているので,それを隠して生きている。

それは男なら誰しも持っている男らしくない弱い部分を鏡に映して見せつけられているような気分になるからなのだろう。

隠そうとする部分とさらけ出して良いと思う部分が違う。

常識の違い。

面白いと思う。








H210400004379.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ




テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/02(土) 21:29:18|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

村田蔵の工芸展 Part2

H210400003948.jpg








変えられるものは未来。

変えられないものは過去。

今か。





H210400003907.jpg





未来のために過去を生きてきて,今生きている。

でも,過去も未来も本当は存在しない。

現実にあるのは今だけで,他はみんな記憶として夢として頭の中にしかない世界。

自分一人しかわからない世界。

客観性は無い。






H210400003954.jpg








エクスキュルの「生物から見た世界」という本を借りて読んだことがある。

実体として存在している世界は,人間の五感で捉えたものであり決して絶対的な世界ではない。

例えば,

考えてみれば分かるのだが,植物には視覚がない。嗅覚も無い。

きれいに咲いた花を植物自身は見えないし香りも感じない。雄しべに集まってきた虫も感じないだろうし,花見をしている人間など全く感知できないはずだ。

植物の世界とは,いったいどんな世界なのだろうか?闇夜にただ一人立っているような感じなのだろうか。

なぜ,見えもしないのにきれいな花を咲かせられるのだろうか。



こんな感じで,視覚のない昆虫から見た世界とか,聴覚のない昆虫のとらえた世界とかが書かれている。







H210400003946.jpg





人間はTVを見て分かった気になり,本を読んで経験した気になる。

全て頭の中で創り出した世界だ。

でも,実際に頬に風を受け,ほのかな香りを感じ,土を踏みしめ,手に取ってみるような今の世界が本当の世界なのだろう。今しか無くてもその瞬間が大切なのだろう。

やはり,人は人に興味があり,人の作ったものに感動する。

生きている実感。

頭の中の世界なのかもしれないけれど,今だけしかない世界なのかもしれないけれども,人とのつながりを大切にしたい。永久に美しい世界を。





H210400003945.jpg













H210400003906.jpg














H210400003911.jpg















H210400003919.jpg














H210400003956.jpg















H210400003947.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD

にほんブログ村 写真ブログへ








テーマ:写真と想い - ジャンル:写真

  1. 2009/05/01(金) 22:03:21|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ