千代sendai熊野

sendai from shingu

内閣官房参与 小佐古敏荘 辞意表明文

涙の訴えであった。
義憤を貫く姿勢に敬意を表したい。

現実に福島県中通り地方の子供の健康に対する不安を感じる。



H23030002965.jpg
平成23年3月6日 福島県桧原湖 3.11以前の福島



これまでの日本政府は
水俣病などの公害病の患者の認定については,
簡単に認めてこなかった。
東京大学卒の御用学者による
「科学的な因果関係を認めることが出来ない。」
という理由だ。

この地域に10年後20年後に
ガンや心臓疾患等が多発する可能性は無いのだろうか。

時間をおいて発生した病気について
原発事故との因果関係を科学的に証明するのは難しい。
なぜならば,実験できないからである。

実験とは
自然現象の中で起こっている「変化」の
原因と結果を一つの線で結ぶことである。

自然界にある無数のパラメータを排除して,
実験系をつくり
一つのパラメータだけで実験し
その中で出た結果を「科学的データ」という。

科学的にというのは時にやっかいで,

ソ連政府の発表によるチェルノブイリ原発事故での死者数は、
運転員・消防士合わせて33名となっているのも
科学的に証明できる人数ということである。
現実にはチェルノブイリで数万人以上亡くなっている。
科学的に証明できない。

実際,科学は微力である。
科学万能というのは大きな間違いである。

科学的に実証不可能なこともあるという前提で
とらえないといけないのだが,
福島はどうなっていくのか。
不安である。


よく素人談義で,
タバコの発癌性と今回の放射線被曝の発癌性が引き合いに出されたりする。
「俺なんか毎日タバコ吸ってるけど,この10年や20年でガンになんかならなかった。」
というアレである。
自分の愛娘や愛息にタバコを吸わせてみなさい。
乳幼児の頃から毎日。24時間。
「そしてガンになら無かった。」と証明すればよいのだ。
誰もできやしない。

福島ではそれが正に今行われている。
被曝は乳幼児の頃から毎日。24時間である。










要約 (全文は追記へ)

1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい

原子力災害対策に関連する法律に則って進めるのが基本であるがなされていない。
とりわけ原子力安全委員会は、法に基づく手順の遂行を行ってこなかった。
例えば、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)が
法令等に定められている手順どおりに運用されていない。
また、公衆の被ばくの状況もの結果も公表されていない。

 初期の甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、
その数値を20、30km圏の近傍のみならず、
福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、
他の関東、東北の全域にわたって、
隠さず迅速に公開すべきである。

さらに、WSPEEDIシステムのデータを隠さず開示し、
福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、
関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を
隠さず国民に開示すべきである。

 また、文部科学省においても、法手順を軽視している。
例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、
本年1月末に500mSvあるいは1Svとすることが勧告されている。
しかし,40-50年も前の基準、250mSvの数値使用が放射線審議会の答申として、妥当としている。
ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、
再引き上げの議論も始まっている状況である。


2.「国際常識とヒューマニズム」に則ってやっていただきたい

国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくない。

福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が
年間20mSvの被曝を2,3日あるいは
せいぜい1,2週間くらいの限定的な短期に運用すべき数値を
この時期に使用するのは、全くの間違いである。

年間20mSv近い被ばくをする人は、
約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ない。
この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、
学問上の見地からのみならず、
私のヒューマニズムからしても受け入れがたい。


また、国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、
4回の調査報告会等が行われているが、
そのまとめの報告会開催の情報は、
外務省から官邸に連絡が入っていなかった。
原子力外交の機能不全ともいえる。




朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3


福島県知事逮捕の裏には東京地検特捜部



毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事




IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの





汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制



福島県内学校敷地内の放射線量



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。








東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は270nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 [内閣官房参与 小佐古敏荘 辞意表明文]の続きを読む

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/30(土) 22:01:02|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拝啓 東京電力役員 殿

東京電力会長 及び 社長殿

いつまでもお仕事を続けて下さい。
東京電力株式会社をこのまま存続させて下さい。

放射性物質で汚染された土壌を放置して下さい。
放射性物質で汚染された海を放置して下さい。
原発事故の被災者を無視して下さい。

老朽化した原子力発電所をまだまだ使い続けて下さい。
これからも原子力発電所をどんどん建設して下さい。

マスコミにお金を注ぎ込んで下さい。
議員にお金を注ぎ込んで下さい。

マスコミに世論操作させて下さい。
菅総理大臣を退陣させて,
金で操れる総理大臣に替えて下さい。

福島原発事故の責任は問いません。

どうぞ,電気料金を上げて下さい。

税金で補償いたします。


このご恩は一生忘れません。いつか必ずお返しいたします。

日本国民一同代表

朝日新聞と読み比べるとと面白い記事  (毎日新聞)

菅首相の指示を聞かなかった東京電力




原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。


5月1日付 IAEA報告(日本語訳)



経団連会長発言


汚染水移送

このように進むはずだった予定(5月12日午前中)

燃料が完全露出、格納容器からも水漏れ 福島原発1号機


▼Amazon.co.jpへ
知事抹殺


佐藤栄佐久氏のブログ

▼Amazon.co.jpへ
藤原新也「黄泉の犬」





福島県知事逮捕の裏には東京地検特捜部


毎日新聞の記事


IAEA チェルノブイリ25周年 ストーリー

Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの


汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制


福島県内学校敷地内の放射線量


ロイター通信


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト

宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報

東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学

宮城県の風向へのリンク

アメダス

武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村











テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/27(水) 21:28:49|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実は賄賂国家だったのだろうか。 この日本。 悲しい現実だ。

原発事故の補償を税金で行うよう東京電力は国に要請している。 
事故を起こした当事者という意識がない。 
事故の責任を回避しようとしている。


現在,東京電力は巨額な原発事故補償は行うことが出来ないから,
国に肩代わりするよう要請している。

つまり,国民の税金を当てにしている。

我々国民が原発事故の補償金を支払うということなのか。


換言すると,原発に反対してこなかった
我々国民に原発事故の責任がある
ということなのか。

我々国民が税金により原発事故の補償を請け負うのは,おかしい。

言うまでもなく事故の責任は東京電力にある。


菅総理大臣は
事故補償の責任は東京電力にあり,
東京電力の人員削減,減給,資産の精算等
全て被害者への補償に当てた後,
国が残りを支払うとしている。

真っ当な考えだ。

しかし,今,菅総理への風当たりが強い。
マスコミや国会議員は何のために菅総理バッシングを行っているのか。
菅総理バッシングの裏には,東京電力とのつながりがあるような気がしてならない。

もし,このまま菅総理が退陣となると,利権でつながった議員達により,
東京電力はそのまま温存されるであろう。

国民にとっては最悪のシナリオだ。

figH230424.gif



東京電力首脳陣の行ってきた政界や財界への金権支配は相当根深いようだ。

東京電力の首脳陣を違う組織から入れて
新首脳陣で事故の補償を行うべきだ。
これまでの癒着やしがらみを根絶しないと,
福島原発事故処理,事故補償の全てが
良くない方向へ進むことが憂慮される。



事故後に
「計画停電」を持ち出し,
「電気料金値上げ」を持ち出す,

我々は脅されているようだ。


全ての頂点に東京電力が君臨する「金権支配構造」が垣間見える。

原発事故後、3月19日から首都圏など9都県で東京電力の「お詫びCM」が放送されているという。
TV局へ支払った広告料はいくらだったのだろうか。
大金をもらったTV局では,東京電力についてどのように報道するだろうか。

しばらく前,
福島県浪江町は東京電力からの見舞金を断った。
他の原発周辺自治体への見舞金は2000万円であった。



いずれも見方によっては「賄賂」である。



もらってしまった方は,
東京電力に対して,何も言えないのではないか。

今後の原発の存続についての自治体アンケートで「廃炉」と答えたのは,
浪江町と南相馬市の2つだけだった。

賄賂の力を見せつけられたような気がする。
避難待避した人々を抱える他の自治体の長は一体何を考えているのか?

今も着々と金による口封じが進められていることが,想像に難くない。

避難民の生活保障,財産を弁償をする前に
なぜ,各自治体に2000万円を出すだけの余裕があるのか。合計では数億円。
なぜ,CMを流すだけの資金があるのか。

誰がこれらの巨額の資金を動かす権限を持っているのだろうか。
国の許可を得る訳でもなく,株主の意向を聞く訳でもなく,多方面に自由にばらまくことができる企業。


早く東京電力を倒産させるべきである。

電力が不安定になると日本経済の各方面に
大きな影響が出るかもしれない。

しかし,国有化したり,発電会社と送電会社に分離したとしても,
電力が不安定になるとは思えないのだが。


もし,
東京電力という組織が残ったとしても,

東京電力の首脳陣を全員,早く退陣させるべきである。


H230424.gif



IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの





汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制



福島県内学校敷地内の放射線量



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。





朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3



毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は270nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/25(月) 20:46:08|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電源喪失が原因なのか。 水冷式原子力発電所の設計上の問題。

水冷式の原発は大津波に弱い。
二次冷却システムは海水ポンプに依存している。


循環水ポンプ


報道されていないことで疑問がある。
今回は制御棒が挿入され原子炉は停止した。
つまり非常用の電源は確保された。



今回の原発事故の根本的な原因は電源喪失ではなく,
水冷式の日本式原発が抱える技術的な問題なのではないか。

coolingtower2.jpg
海から遠い大陸内部に建設される原子力発電所は「空冷式」である。
air.gif
放熱塔から廃熱される。





ato.jpg
mae.jpg

原子炉自体の耐震性に加えて,周辺機器の津波による故障を想定外にしてはならない。

今回の津波では循環水ポンプの電気系統が流出したので,仮に予備電源が生きていたとしても原子炉は冷却できなかったであろう。


3月11日に制御棒が挿入され,3月15日に水素爆発が起こるというタイムラグも理解できる。


日本にある原子力発電所は全て海沿いにある「水冷式」である。

津波に弱い。

三陸海岸の巨大な堤防が粉々になった。
仙台平野では膨大な量の土砂が空港や田畑を埋めた。

日本中の原子力発電所の循環水ポンプを津波に耐えうる構造に,
取水口にがれきや土砂が詰まらないように,
改造せねばならない。
可能なのだろうか。





IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの





汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制



福島県内学校敷地内の放射線量



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。





朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3



毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は270nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/23(土) 17:00:16|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

福島第一原発事故 海水へ流出した汚染水濃度の推定がなされたが。

1000ミリシーベルトを超える超高濃度の汚染水が海へと流れ出しているのが4月2日に見つかり,
4日後の4月6日に流出は止められた。
その量は約520m3で放射線量は4700兆ベクレルであった。
1年間で許容量の2万倍だった
との推計を東京電力が発表した。

ピットから流れ出る流量を写真で確認して排水量を推定したという。(今日4月21日のNHKニュース)

不思議な発表だ。
この推計はその前日からの5日間で流出した量から行っている。
現実には,
原子炉の冷却のため3月12日から現在4月21日まで,1ヶ月以上注水を続けている。
たった5日ではない。
約520㎥という水量はは余りにも少なすぎる。

推定するならば,注水した流量を計測すべきであろう。



ピットの漏水は止められたが,
注水は続いていおり,タービン建屋内の水位が変化しないということは,どこからか必ず漏れている。
蒸発量を勘案したとしても,
注水した水量のほとんどが地下水そして海に漏出したとしか考えられない。


この推定を行った東京電力の担当者は相当の理系オンチである。
もしくは意図的に隠蔽しようとしている。
この推定を行い,プレス発表を行った東京電力社員はどこの大学卒なのかを知りたい。
まさか東京大学卒ではないと思うが。





プレスリリース




興味深い誤答例
(計算式の前提自体が誤り。)




IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの
1号機では毎時8㎥の注水
2号機では毎時8㎥の注水
3号機では毎時7㎥の注水
合計  毎時23㎥

23×24時間=552㎥/日 

1日あたり552㎥を注水。

たった1日で500㎥を超える。








汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制



福島県内学校敷地内の放射線量



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。





朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3



毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は240nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村 [福島第一原発事故 海水へ流出した汚染水濃度の推定がなされたが。]の続きを読む

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/21(木) 22:05:05|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1956年の水俣病は2011年の今も決着していない。科学的な定義の愚かさ。 福島原発から太平洋へ放出される核物質の危険性について,科学的に確立された報告は一切ない。

平成の時代になっても水俣病は解決していない。
50年以上前の公害事件だ。
その長引いた主だった理由は「メチル水銀」の生成過程が解明されないという
科学的な根拠による。
かつて東京大学の御用学者が行った論理である。

原因となったチッソ水俣工場はアセトアルデヒドを造っていた。

アセトアルデヒドCH3CHOというとなじみが薄いが,実は身近な製品の原料となっている。

アセトアルデヒドからビニール袋,インク,容器,フィルム,液晶ディスプレィ等々,多くの樹脂製品が製造されている。

このアセトアルデヒドを製造する過程で「水銀」Hgが触媒として用いられ,八代海へ廃棄されていた。

第二水俣病



チッソ水俣工場は水銀を廃棄したことは認めたが,メチル水銀ではないということで,その責任を認めなかった。
つまり,東京大学の御用学者の理論は
「水銀を用いたアセチレン水和反応におけるメチル水銀の生成については,科学的に確立された報告は一切ない。」ということなのである。


今心配されるのは,
福島第一原発から海に廃棄されている様々な放射性物質について,
その成分については一切情報がない。(隠蔽されているのかもしれない。) 

一般的に核分裂生成物には
Csセシウム Iヨウ素 Zrジルコニウム Tcテクネチウム Srストロンチウム Pmプロメチウム Smサマリウム Puプルトニウム など様々である。

これらが水銀のように海の中の有機物と反応して有機金属になる可能性がある。

水俣病のように有機金属は生物に取り込まれ,食物連鎖を通じて生物濃縮されていく可能性が否定できない。
この推測については当然,科学的に立証されていない。
しかし,
福島第一原発へは500t/hで注水が続いている。
1時間当たり500トン。莫大な量だ。
これまで汚染水320トンを集中廃棄物処理施設内に移したとあるが,1時間当たりの注水量にも満たない。
常識的に考えて,ピットの水位がほとんど変化していないのは,
海水に垂れ流しているとしか考えられない。

何という汚染物質を流しているのか。

各地の海域での現在の放射性物質量はどのくらいか。

海の中でどのように化学反応が起こり,その後,生物への影響は考えなくて良いのか。

東北の海はこのまま汚されていくのだけなのだろうか。

海の報道がほとんどなされていない。隠蔽が疑われる。

(そして今回の汚染についての責任回避の準備は,水俣病で既に実証済みである。)



科学者から見た水俣病研究


仙台市 名取市 岩沼市 亘理町 山元町 大河原町 白石市 角田市 丸森町 七ヶ宿町の放射線量
figH230419.gif

H230419.gif




汚染水の流出




福島県内学校敷地内の放射線量



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。





朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3



毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は240nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/20(水) 23:33:11|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今なぜか菅直人首相バッシングが酷い。福島原発事故の原因は東京電力と経済産業省にあるはずだが。

「CO2を排出しない原子力はクリーンエネルギー」
「日本の電力の三分の一は原子力です」

まんまと騙されていたと思っている日本人は,私も含めて,今や大多数だと思う。
故郷を失っている福島県浜通りの人々の気持ちは幾ばくなものか。
そして今も海が放射性物質で汚され続けている不安。

多くの日本人は東京電力の隠蔽体質,特権意識,権威主義,金権体質に嫌悪感を抱いている。

これが世論の主流であることは間違いない。

だが,
今なぜか菅直人首相バッシングが酷い。
確かに菅首相にも至らない点はあると思う。
しかし,順序が違う。
福島原発事故の原因となった,東京電力首脳陣と経済産業省事務次官以下,原子力安全・保安院のトップの責任追求の方が先であろう。

マスコミの意図が感じられる。金で操られているのか。東京大学閥か。

マスコミに求めるのは,経済産業省から東京電力の関係(癒着)について国民に事実を伝えることである。
過去に天下った役員のことや,過去の事故隠しなど,一連の経済産業省の対応の様子など,
書くことはいくらでもあるはずだ。

figH230416.gif

本当のマスコミがすべきは東京電力についての事実を伝えることである。

冷静に考えると,
日本の信頼を無くすことが今最も怖い。世界から見放される。
未来の日本が危ない。
すでに「東京大学教授」の無能ぶりは全世界に知れ渡ってしまった。

東京大学つながりの経済産業省と東京電力の関係。
国(霞ヶ関)づくりの根幹が東京大学閥であり,かなり腐ってしまっていること。
自浄作用のない日本に対する不信感は今後払拭できないかもしれない。


日本の被災者を国際社会が助けたいと思っている。
人道的な見地である。
基本的人権のある先進国にとっては当たり前の考えだ。
しかし,今世界から不協和音が聞こえ始めている。
つまり世界は東京電力を助けたいとは思っていない。
国民を騙し,海を汚し,自らは責任を取ろうとしない企業。

原子力を推進したい他の先進国にとっても,
初期の援助を断り,ここまで事故を大きくしてしまい,
1ヶ月たっても自力で解決もできず,
しかも,未だに国内外に嘘をつき通そうとしている東京電力は,
最悪の組織だと判断されているであろう。

今の電力行政を何とかしないと,再び自然災害による事故は起こるであろう。
そうなれば,日本はどうなるのか。
そしてこれは地球レベルの核問題である。

しかし,日本国内では違う方向に事態を収束させようと大きな力が働いているように感じる。

今まさにこの企業を巡る利権が崩れないように,
東京電力のトップが生き残るように,官僚の誰も責任を取らないように,
うまく見せかけだけの東京電力解体を目論んではいないのか。

そのため菅総理大臣を追い詰めようとしているような気がしてならない。

世界中が注目している。

東京大学出身のエリートは「無知の知」を自覚して欲しい。

東京大学出身者の中に正義感のある優秀な人材も存在することを信じたい。



ロイター通信


原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。


仙台市 名取市 岩沼市 亘理町 山元町 大河原町 白石市 角田市 丸森町 七ヶ宿町の放射線量
H230416.gif


朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3


年間20ミリシーベルト以上の地域は待避させるべき

毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は340nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/17(日) 02:18:05|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日までレベル5。今日からレベル7。昨日と何が違う?世界最悪の事故だったということだ。

チェルノブイリと並んだ。
危険度は,これから抜き去るかもしれない。
チェルノブイリでさえ2週間で放射能を閉じ込めた。
しかし,FUKUSHIMAでは1ヶ月たっても止められない。
figH230412.gif

プルサーマルの危険性。
MOX燃料に含まれるプルトニウムは猛毒だという。
その理由は,
プルトニウムは「精巣」「卵巣」「肺」に蓄積されるからだ。
食物連鎖により生物濃縮される。

肺であればその個人だけが肺ガンのリスクが高まるだけなのだが,
精巣,卵巣が被曝すると,子孫に影響が現れてしまう。
例えば,
東京電力取締役会長, 勝俣 恒久氏の家族(未婚者)の精巣・卵巣が被曝したとすると,
勝俣家の正常な遺伝子は永遠に失われる。
つまり,
子孫には何らかの障害が表れ,
勝俣家では代々遺伝されていく。
もはや医療では回復できない。
遺伝子の障害は永遠に元に戻らない。

つまり,プルトニウムの毒性とはそういう意味である。


未だ,海水中の放射性物質の種類・濃度が発表されない。
海産物は今後,数年間どうなっていくのか,心配である。

レベル7という理由を推測すると,
海水中にチェルノブイリ並に放射性物質が放出されているということであろう。

国民を騙さないで欲しい。
海水中のデータを発表すべきだ。



仙台市 名取市 岩沼市 亘理町 山元町 大河原町 白石市 角田市 丸森町 七ヶ宿町の放射線量
H230412.gif
大河原町 白石市 角田市 丸森町 七ヶ宿町の放射線量はやや高いままである。
年間被曝量が2ミリシーベルトを超える。


朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3


年間20ミリシーベルト以上の地域は待避させるべき

毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は340nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/12(火) 21:49:20|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今回初めて知った「御用学者」という言葉。朝日新聞は「御用新聞」かもしれない。

親類宅から読売新聞の古新聞をもらってきた。原発事故関連の記事に興味があったからだ。
朝日新聞とは論調がかなり違う。
目から鱗だ。
読売新聞は東京電力や経済産業省の責任を追及している。

私の中には個人的に
読売ジャイアンツの金にものを言わせた選手獲得の汚い歴史を見続けていたので,
読売新聞も金権体質の会社だろうというイメージを
勝手に抱いていた。

我が家では朝日新聞を購読している。これまで概ね信頼をおいていた。
しかし,この朝日新聞。
東京電力が不利になる記事にはセットで計画停電の記事。まるで原子力発電を擁護しているような印象だ。(数日前,計画停電は急に消えたが。)
廃炉決定を遅らせた東京電力の首脳を批判するどころか,
菅総理が怒鳴ったことをイメージ悪く書く始末。
(菅総理の問題は様々あるにしろ,この原発事故処理については真っ当だろう。)


東京電力は利潤を追求する組織なので
「低コストの原発は儲かる。」
「減価償却の進んだ原発を永く使いたい。」
「廃炉を避けたい。」
「会社を守りたい。」
「安全神話をまだ訴えたい。」
という意識が働くはず。


事故当初,
アメリカ,フランス,ロシアなど海外からの原発事故処理援助を断ったという記事を散見する。
その理由は何か?
誰がその判断をしたのか?

まさに福島第一原発事故の張本人のことである。人災の人だ。

誰かが損をするから断ったのであろう。

しかし,その真相は闇の中である。






朝日新聞は読売新聞と比較すると明らかに情報を隠蔽している。
なぜ,3日も4日も遅れて過少評価された記事を書くのか。

なぜ,朝日新聞は東京電力や経済産業省を擁護するのか?
東京大学閥だからか?




今,世界から白い目で見られている福島原発事故の「情報隠蔽」の原因は
東京電力や経済産業省にあるであろう。

いつの時代もそうであったように,日本は外圧によって,東京電力解体と原発事故処理が進むのだろう。

そして,数年たつと,歴史が「何が正しかったのか。」を教えてくれるだろう。







そして,今,最も知りたい情報。

宮城県側の海水の放射線量を早く公開して欲しい。

H23030003722.jpg

情報隠蔽されていると思いたくはない。









朝日新聞と読み比べるとと面白い記事1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1


菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3


年間20ミリシーベルト以上の地域は待避させるべき

毎日新聞の記事



Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は340nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/11(月) 18:26:15|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空港公園へ 過去の記憶と津波の現実

H22115588.jpg
H221208
H22126268.jpg
H221208
H22114713.jpg
H221208
H22114930.jpg
H221208
H22114811.jpg
H221208
H22114714.jpg
H221208
H22126270.jpg
H221208
H22126271.jpg
H221208
H22114820.jpg
H221208
H22115586.jpg
H221208




H22114976.jpg
H221127
H22114639.jpg
H221127
H22114638.jpg
H221127
H22114630.jpg
H221127
H22114692.jpg
H221127
H22114699.jpg
H221127
H22114974.jpg
H221127
H22114975.jpg
H221127
H22114900.jpg
H221127
H22114913.jpg
H221127






以下,H230410
H23030003794.jpg
H23030003787.jpg
H23030003786.jpg
H23030003784.jpg
H23030003814.jpg
H23030003804.jpg
H23030003806.jpg
H23030003810.jpg
H23030003822.jpg
H23030003800.jpg
H23030003771.jpg
H23030003764.jpg
H23030003769.jpg
H23030003768.jpg
H23030003766.jpg
H23030003821.jpg
H23030003774.jpg
リンク
リンク


これまで意識的に津波被災地へ足を踏み入れてなかった。

何度も通ったことがあるはずの
空港,公園,町並み
自分の覚えている景色と全く一致しない。
言葉にならない。

怖い。

傾いた電柱と落ちたままの電線
陸に上がった船
壁のない家
見渡す限りの田園に無数の自動車が散在
自衛隊
愛知県消防局
空港公園
貞山運河




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2011/04/10(日) 22:02:25|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台,名取,岩沼,亘理,山元,大河原,角田,白石,七ヶ宿での放射線量の推移 海水の放射線量は不明

仙台,名取,岩沼,亘理,山元,大河原,角田,白石,七ヶ宿での放射線量の推移(マイクロシーベルト/時)
H230407.gif


放射線がなぜ危険なのか。

放射線が遺伝子DNAを破壊するからである。

安全な放射線量は年間1ミリシーベルトまでと考えられている。


なぜ,
危険な放射線が「安全」なのか。


それはヒトのDNA修復酵素の働きにより,

少しの放射線で壊されるDNAの修復は可能だからである。

例えて言えば,
あちこちで小さな火事が起きても,すぐにあちこちで消防が消してくれるようなイメージ。

この火事に当たるものが「放射線」であり,消防にあたるものが「DNA修復酵素」である。

体中でDNAが破壊されても,
生来持っているDNA修復酵素が修理してくれるという訳だ。

しかし,火事があまりに各地で同時発生すると,もう間に合わない。
それが,多量の放射線を浴びた場合ということである。

体中で火事が多発していることを想像されるとよい。

年間20ミリシーベルト以上の地域は待避させるべきという原子力安全委員会の提言は真っ当である。

毎日新聞の記事

朝日新聞は東京電力寄りの記事が目立つ。
知りたい情報が載っていない。隠蔽ともとれる。

毎日新聞の公正さが際立つ。



figH230407.gif

年間の限度量
20ミリシーベルト = 20000マイクロシーベルト
とは?

20000÷365日で一日の限度量となる。それは54.79マイクロシーベルト

54.79÷24時間で1時間の限度量となる。それは2.28マイクロシーベルト

宮城県の放射線量は「安全」な範囲に収まっている。

しかし,1ヶ月たった今でも危険な地域が残されている。東京電力と国は何もしないで見ている。



そして,今隠されているとしか思えなくなってきた「放射性物質による海水の汚染」

まだ,宮城県と岩手県の海域についての報道がない。

「安全」な範囲に収まっていないのではないのかという疑念が湧く。

東京電力と国は発表して良い値が出るまで待っているのかもしれない。




朝日新聞と読み比べるとと面白い記事  (毎日新聞)

菅首相の指示を聞かなかった東京電力




原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。


5月1日付 IAEA報告(日本語訳)



経団連会長発言


汚染水移送

このように進むはずだった予定(5月12日午前中)

燃料が完全露出、格納容器からも水漏れ 福島原発1号機


▼Amazon.co.jpへ
知事抹殺


佐藤栄佐久氏のブログ

▼Amazon.co.jpへ
藤原新也「黄泉の犬」





福島県知事逮捕の裏には東京地検特捜部


毎日新聞の記事


IAEA チェルノブイリ25周年 ストーリー

Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの


汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制


福島県内学校敷地内の放射線量


ロイター通信


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP
モニタリングポストの値は370nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト

宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報

東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学

宮城県の風向へのリンク

アメダス

武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村














テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/08(金) 22:11:55|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は3つの視点で,福島第一原発事故をみる。

<唐突感が否めない。水素爆発の可能性がまだ残っていたとは>

原子炉への窒素ガスの注入について
アメリカ原子力規制委員会(NRC)の専門家がアドバイスしたとのことだ。
(3月26日付けの内部文書ニューヨークタイムズ)

記事

記事によると,
3月26日から今日まで10日間放置されていた処置。
今日何か変化があったのだろうか。
高濃度の汚染水から考えて,核燃料そのものが漏れていて,原子炉格納容器の圧力が抜けていると推測していたので,これから爆発する可能性は無いと考えていた。その辺の情報は全くないので憶測である。
杞憂であることを望む。


宮城県各地での放射線量の推移
figH230405.gif
H230405.gif





<東北地方の海水の放射線量の情報が無い>

空気中に拡散した放射性物質は,
ドライアイスの白い蒸気がそのようであるように,
いきなり薄くなることはなく,しばらくは塊のまま移動する。

事故後すぐに
福島第一原子力発電から100Km以上離れた
女川原子力発電所で観測された高い放射線量は
その事実を物語っている。

今,空気中に拡散した放射性物質とは比べものにならない
高濃度の放射性物質の海水への漏洩が続いている。

空気中の物質の拡散と水中の拡散は違って当然だが,
浅い場所で群れをなすコウナゴの汚染から考えると,放射線物質は浅海域を高濃度で漂っている事が推測される。


なぜ,宮城県沿岸,岩手県沿岸の海水の放射線量を測定しないのか。
それとも,測定しているのに発表していないのか。

いずれにしても,情報不足は不要な憶測と風評を生む。








<非常に興味深い記事だが,なぜ今>


毎日新聞 2011年4月4日 東京朝刊
なぜこれまで伏せられていたのか。いよいよ東京電力は整理され,その「超権力」が及ばなくなったか。
菅首相の指示を聞かなかった東京電力1リンク

菅首相の指示を聞かなかった東京電力1

菅首相の指示を聞かなかった東京電力2リンク

菅首相の指示を聞かなかった東京電力2


菅首相の指示を聞かなかった東京電力3リンク

菅首相の指示を聞かなかった東京電力3




Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は380nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/04/06(水) 22:25:47|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正しかったチェーンメール「福島原発事故の影響で今後降る雨には人体に危険な化学薬品、放射能が含まれるので、レインコート、傘は必ず使用して雨が体にあたらないよう徹底してください。」

これまでアップしてきたブログ記事を遡ってみた。
情報が極めて遅い(間に合っていない)ことが読み取れる。
情報が伏せられていたのではないのか,とも疑われることもしばしばである。


宮城県の放射線量グラフを見る限り,
3月16日からしばらくの間は外出を控えるべきであった。
しかし,その日が危険であるという情報を与えていたのは唯一「チェーンメール」だけだった。
あの警告メールは正しかったと判断できる。

figH230403.gif


後日,NHKのラジオやテレビ・朝日新聞の記事で,
「千葉の石油、製鉄所の火災の影響で今後降る雨には人体に危険な化学薬品が含まれる。」
の部分だけ述べていた。なぜか放射線のことは伏せていた。
記者は市川市の火災の工場を取材し,
「千葉県市川市の火災はLPガスが燃えているだけなので,危険ではない。」
「悪質なデマに惑わされないよう注意して下さい。このような間違った情報を与える人がいる。」
と,報道していた。
思うところはあるが,今さらどうしようもない。


H230403.gif


そして今,出てこないデータがある。
海水の放射線量だ。
なぜ,調査しないのか。
なぜ,公開しないのか。
この数日間で相当量の放射性物質が流出しているはずだ。
今,海は危険であるという警告は聞こえてこない。
そして,風評は控えるようとだけ報道されている。


宮城,福島,茨城の海水調査を行って欲しい。
また,地上のデータのようにピークが下がった頃,公開するのだけは止めて欲しい。


下手をすると,既に原子炉内の核燃料の多くが流されたかもしれない。
または,核燃料がほとんど流れ去るまで注水が続けられるかもしれない。
このままで,福島第一原発付近の放射線量が下がったという報道がされたならば,そういうことであろう。

チェルノブイリは爆発で空気中に撒き散らされたが,福島では海水中に撒き散らされている。
レベル7になるかもしれない。

数ヶ月後,数年後の日本産の海産物はどうなっていくのだろうか。







<過去の記事>


<3月23日のブログ>
風評を生んでいるのは報道側の姿勢 & 3月23日までの宮城県の放射線量の推移

地震直後に出回った悪質なチェーンメールとされた文面(私は肯定していたのだが。)
私の携帯に届いたものから転送
「自衛隊に勤めている人から地震についての情報が入ったので文章を送ります。 千葉の石油、製鉄所の火災、福島原発事故の影響で今後降る雨には人体に危険な化学薬品、放射能が含まれるので、レインコート、傘は必ず使用して雨が体にあたらないよう徹底してください。なるべく沢山の知り合いに教えてあげて下さい。 月曜日に雨が降るかもしれないので肌は出さない方がよさそうです。 と言うことでした。」
これが風評?悪質?今では真っ当な話である。(しかし,今では決定的に遅い。)



<3月21日のブログ>
ずっと待っていた報道。午後3時55分頃福島第一原発3号機より灰色の煙との報道があったが。
東海・東海第二発電所の放射線監視状況について今朝方4:00頃急に高まっている。
何があったのか報道されていない。気になるところだ。


→その後,東京都の水道水の汚染騒ぎが起こる。



<3月20日のブログ>
仙台での放射線量の現状(知り得る範囲で)

「福島県と宮城県の欄はなぜ空欄なのでしょうか?」
文部科学省 原子力災害対策支援本部電話番号:03-5253-4111(内線4604)に問い合わせてみたところ,
「福島県と宮城県は測定地が震災で被害を受けたためデータを載せていない。宮城県のホームページには載っている。」
とのことであった。
「今後,国の出先等で水道水の検査を行う予定はないのですか?」
の問いには,
「今のところ難しい。今後の予定はない。」
との返答だった。
思うところはあるが,批判しても始まらない。


→その後,文科省のホームページが分かりやすく変更された。
→しばらくして宮城県の水道水検査も始まった。



<3月17日のブログ>
3月17日になって放射線量の情報が極端に少なくなった。
数少ない記事。
原子力安全・保安院は17日、東京電力福島第一原子力発電所正門付近で、被曝線量が増えたため、観測地点を北側の西門付近に移動したと発表。正門付近の観測地点では16日、放射線量が毎時1万マイクロ・シーベルトを超えていた。(2011年3月17日12時57分 読売新聞)
社員の撤退を求めた東京電力幹部に「あなたたちしかいない。撤退など有り得ない。覚悟を決めてください」。菅直人首相は15日朝、東電関係者に迫った。(2011/03/15-11:03)時事ドッドコム
自衛隊による7.5t×4回=30tの海水散布
米軍が80km圏待避命令


→事実隠だったのではないか。当時の報道内容は極めて疑わしい。


<3月16日のブログ>
今日の仙台の天気図は,最悪の風向。 原発の放射性物質の拡散? 洗濯物は干さない。窓は開けない。無駄な外出はしない。
今日の天気図は仙台地方にとって最悪のパターン。空気は高気圧から低気圧に流れる(転向力で曲がるのだが)=風は高気圧から低気圧方向に吹く。
個人的見解だが,どの程度漏れているのか不明だが,今漏れていれば放射性物質(の煙)はこちらに向かっている。
リアルタイムでの放射性物質の漏出情報を知りたい。
できるだけ室内にいる方が賢明だと思う。吸い込まないよう細心の注意を。


→当時,放射線量を知る手立てがなかった。当時の判断は正しかったようだ。
→ニュースや新聞での警告は無かったはずだ。





東京では気にされない福島での状況

ロシア



「企業というものは会社の利益を優先して行動するので復旧作業から外す必要がある」チェルノブイリ汚染除去責任者 

海外メディア

日本は今回の事故によって「放射能と共存する時代」に入ってしまったのであり、かつての「あの日々」はもう戻ることがない

海外メディア


ヘリコプターによって上空から水を散布するなどということは全く意味のないことで、ロシアの専門家による提言に従って中止されました。

ロシアの科学者


韓国中央日報(日本語訳)

韓国中央日報

東海・東海第二発電所モニタリングポストA地点 (nGy/h)
fig403a.jpg


東海・東海第二発電所モニタリングポストD地点 (nGy/h)
fig403d.jpg


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は440nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/03(日) 22:37:23|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

狼少年 vs 風評 (原発事故の情報不足 vs 市民の憶測)

・汚染水がピットから漏れているので,そのひび割れを塞ぐ修理を始めた。
→注水作業を続けているならば,塞いだとしても別の場所から必ず漏れるはず。
(何の時間稼ぎをしているのだろう,という疑問が湧く。)

・その濃度は1千ミリシーベルト/hと報道されている。
→なぜ1シーベルトと云わないのだろうか。
(7シーベルト=7時間浴びると致死。過小評価の印象を与えようとしているような疑問が湧く。)

・アメリカからの要望で半径20km以内の放射線量調査を始めた。
→東京電力は危険なので測定できないとしていた。
(なぜ隠そうとしているのだろう。土壌汚染はチェルノブイリを超えているのだろうか,永久に立入禁止になるのかもしれないという疑問が湧く。)




【イソップ童話】
羊飼いの少年が冗談で「狼が来た!」と叫ぶと,村人は武器を持って助けに来ました。
でも狼はいない。
やがて本当に狼が来て「狼が来た!」と叫んでも誰も助けてくれませんでした。
羊と少年は狼に食べられてしまいました。 




これまで何十年間も
「日本の原子力発電所は安全だ。」
ありとあらゆる広報活動(と事故の隠蔽)で信じさせられていた日本国民。


(しかし,GE mark1原子炉は危険だと諸外国は知っている。)


日本政府は事故後,3週間たった今でもこの事故は安全だと信じさせようとしている。
「福島第一原発は危険な状態が継続している。」という率直な報道を聞いたことがない。

そして,放射線が測定されると,「ただちに健康に被害が出るレベルではない。」という決まり文句。


<事故後の経過>
今は,電源を回復することが目的となっているはずだが,
施設したケーブルはどこまで進んでいるのか,
いつ再循環ポンプに通電するのか,
ポンプの修理はするのかしないのか,報道がない。
そして,いつの間にか,タービン家屋にたまった汚染水の除去の話になった。
そのうち,プルトニウムが検出され,ようやく廃炉宣言。
ついに,高濃度汚染水が海水に流入。
注水を止めなければ,
タービン家屋の汚染水の除去は難しく,施設外への流出も止まらないはず。

これは危険な状態ではないのか。

危険な状況ならば,危険な状況と言って欲しい。

記者会見&報道が余りに軽すぎて信頼する気になれない。。


figH230401.gif
H230402.gif


海外での「風評」の方が酷いという報道が目に付く。

「風評」と言い切るということは,原発事故の状況を「安全」だと宣言しているのだろう。

今,日本の信頼を無くすのは余りにもタイミングが悪い。

数十年昔なら,日本の信頼は揺るがなかったであろう。それは代わりになる国が無かったから。
しかし,今は違う。
中国,インド,韓国…日本の代わりになり得る国がいくつも成長してきている。


日本という国が狼少年ではないことを祈る。


「企業というものは会社の利益を優先して行動するので復旧作業から外す必要がある」チェルノブイリ汚染除去責任者 

海外メディア

日本は今回の事故によって「放射能と共存する時代」に入ってしまったのであり、かつての「あの日々」はもう戻ることがない

海外メディア


ヘリコプターによって上空から水を散布するなどということは全く意味のないことで、ロシアの専門家による提言に従って中止されました。

ロシアの科学者


韓国中央日報(日本語訳)

韓国中央日報

東海・東海第二発電所モニタリングポストA地点 (nGy/h)
fig402a.jpg

東海・東海第二発電所モニタリングポストD地点 (nGy/h)
fig402d.jpg


東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP


モニタリングポストの値は460nGy/hまで下がった。

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト


宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報


東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学


宮城県の風向へのリンク

アメダス


武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


素直な願い。

SOS 

日本政府では駄目なので,
アメリカの力で最初に東京電力を解体して欲しい。

東京電力の技術者以外の経営陣は危機を益々拡大している。
このままでは,海洋を通じて日本以外にも被害が及ぶ。



テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/02(土) 23:28:34|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ