千代sendai熊野

sendai from shingu

足尾銅山の迎賓館・掛水倶楽部のあと,富弘美術館へ 群馬県勢多郡東村

H200330061.jpg











H200330065.jpg

足尾銅山観光のつづき・・・少し間が開きました。










H200330063.jpg

足尾の街は人影も少なく,この迎賓館もひっそり佇んでいた。









H200330069.jpg

足尾鉱毒事件で有名だが,その影にはここで産出される銅の量は日本一で明治以来,日本の経済成長を支えたという紛れもない事実がある。









H200330055.jpg

物事には常に光と影がある。








H200330054.jpg

この迎賓館も素晴らしかった。館内の撮影は家族のスナップ程度なら許可という話だった。

ビリヤード台があったり,階毎に和室と洋室が配置され,政府高官が足尾に来た際には宿泊したそうだ。







H200330052.jpg

その後,少し足を伸ばして群馬県へ。

星野富弘さんの美術館に行った。

中学校の体育教師になり,器械体操で頸椎損傷。口で筆を持ち詩と花の絵を描く。
心が打たれた。言葉の一つ一つが心に浸みた。






H200330076.jpg
CanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8


にほんブログ村 写真ブログへ


関連記事

2 Comments

takumi  

こんばんわ

お久しぶりです。
先週は入院していてなかなか遊びにこれませんでした。
足尾銅山は以前にも行ってましたよね。
よっぽど気に入られたようですね。

星野富弘さんの作品は私も大好きですよ。

2008/05/18 (Sun) 16:05 | EDIT | REPLY |   

df504  

こんばんは。takumiさん。

え,入院ですか。大丈夫でしょうか。

これは,この前UPしていなかった写真です。
星野富弘さんの詩と絵を,ひとつひとつうなずきながら見てきました。いろいろ考えさせられました。

2008/05/18 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment