千代sendai熊野

sendai from shingu

トゲの無くなった柊(ヒイラギ)。 齋理屋敷part2

H200405192.jpg







齋理屋敷を訪れると必ず見に行く樹木。







H200405131.jpg






それは蔵の前にある柊。 かなりの老木で葉が丸くなっている。








H200405134.jpg





柊の葉のトゲがなぜ無くなってしまうのだろうか。 人間のように歳をとって円熟していくのか。




逆に若いうちはなぜトゲがあるのだろうか?必要が無くなるならば,最初から無くても良いのに。





H200405124.jpg



他を傷つけるために持つのではなく,自分を守るために持つのであろう,棘。


もはや,不要になったということだろうか。


人は年齢と共に老いていき,一時として同じ姿形をしていない。写真を見るとふと気付く。同じと思っていた自分の顔もずいぶんかわったものだ。

樹齢と共に棘の無くなる樹。他にあるのだろうか。


この樹を屋敷の大切な場所に植えた先人の想い。


H200405108.jpg










H200405077.jpg













H200405069.jpg













H200405233.jpg













H200405206.jpg














H200405228.jpgCanonEOS5D A09 TAMRONSP28-75f2.8

にほんブログ村 写真ブログへ





関連記事

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/27(日) 21:15:07|
  2. 仙台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<文化って何だろう?    齋理屋敷 part3 | ホーム | 齋理屋敷 伊具郡の豪商>>

コメント

1枚目の写真素晴らしい! こんな装飾今ではできそうにありませんね。
  1. 2008/07/29(火) 12:14:10 |
  2. URL |
  3. min #-
  4. [ 編集]

ヒイラギのトゲから。。。

ヒイラギのトゲがない葉っぱから。。。
df504 さまの想いが溢れてきたのですね.。.:*・゜☆
本当に不思議。。。
ヒイラギなのに。。。トゲが年老いてゆくとなくなるのですね。。。
初めて知りました.。.:*・゜☆
きっと。。。人も。。。少しづつ。。。少しづつ。。。
磨かれて。。。まあるくなってゆくのかもしれません。。。
。。。トゲを持っていた。。。そんな時期よりも
もっともっと。。。豊な人に。。。なって
歳を重ねるごとに。。。全てを温かく包み込んでしまえるような。。そんな自分が。。。いれたら。。。
いいなぁ.。.:*・゜☆

素晴らしい発見&記事でした.。.:*・゜☆
  1. 2008/07/31(木) 15:31:20 |
  2. URL |
  3. あや #oYrJRb9Q
  4. [ 編集]

こんばんは。あやさん。

この柊の棘は本当に不思議で…,何か嬉しいような感じがします。
  1. 2008/07/31(木) 20:48:13 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

こんばんは。minさん。

この鍵の話を聴きました。蔵の入り口が2つあり,そのうちの1つの扉の鍵にこの装飾がなされています。
そしてこの鍵は現在の当主も開け方がわからなくなっており,現在誰も開けることができない扉となっているそうです。
  1. 2008/07/31(木) 20:55:18 |
  2. URL |
  3. df504 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://df504.blog110.fc2.com/tb.php/284-c54abd18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ