千代sendai熊野

sendai from shingu

東北大学大学祭 地震・火山研究の最前線

今年もやっていました。地震予知の最前線。


H20110000246.jpg







はい。






H20110000312.jpg








お~。








H20110000252.jpg







地震発生のモデルと言えば,これ。






H20110000260.jpg




プレート境界型地震。




海のプレートが陸のプレートに沈み込み,やがて弾ける。










じゃあ,岩手・宮城内陸地震は?




ん?




H20110000292.jpg



つまり,こういう事であった。

プレートの沈み込みとともに岩石に含まれた水分が地中深くに入っていく。

深い所でその圧力に耐えきれなくなった水分が放出され,マントルを溶かす。

マグマが出来て上昇する。



H20110000296.jpg




地震波の調査では,奥羽山脈の真下にマグマが上昇している。

つまり,山が持ち上げられているのだ。

そこで山脈の両側に断層ができる。




H20110000251.jpg







断層とは。







H20110000282.jpg




花崗岩の破断実験。上下から圧力を加えていく。




キリリ,キリリ


ピキピキピキ



H20110000303.jpg



バン!


どんな固い岩石でも割れる…これが断層。




H20110000283.jpg





次は,近い将来起こるであろう,「宮城県沖地震」について。





H20110000277.jpg




海のプレートが陸のプレートの下に沈み込む「プレート境界地震」。

海のプレートは毎年8cm動いている。常に沈み込んでいる。

しかし,ただ沈み込むだけでは地震は起こらない。



そのプレート同士の摩擦面にスムーズな部分とでこぼこした部分がある。

そのでっぱりが引っかかるのが問題なのだ。




H20110000279.jpg



宮城県沖の海洋プレートの上には海山がある。

海山とは海面から頭の出ていない島。頭が出るとハワイ島のようになる。




既に陸のプレートに沈み込んでしまった海山もわかっている。

それを,アスペリティという。

そのでっぱり,引っかかる部分がアスペリティである。


H20110000280.jpg




最近の研究で宮城県沖にはアスペリティが3つあることが分かったそうだ。

1978年の宮城県沖地震ではその3つが同時に弾けた。




2005年8月16日に起きた宮城県沖地震(M7.2)では3つのうち1つが弾けた。

残り2つ。

毎年8cmずつプレートは沈み込んでいる。



宮城県沖地震まであと○日。

H20110000272.jpg

CanonEOS5D A09 TAMRON SP 28-75f2.8 XR Di

にほんブログ村 写真ブログへ



関連記事

テーマ:自然の造形 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/07(金) 22:35:45|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一彩合祭 2008東北大学大学祭  ~これでラストです。 | ホーム | 東北大学大学祭 地学ゼミナール 歯学研究科予防歯科学分野歯科医療研究会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://df504.blog110.fc2.com/tb.php/346-23b46d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ