千代sendai熊野

sendai from shingu

コウモリ・カナ? キンギョ・カナ?(Q10の発音で)

実は最近2回,塩竃神社にでかけたのには訳があって,





「この辺かな~。ないな~。」

探しながら坂を登った。

結局登り切ったところで聞いてみた。



「ありがとうございます。」


(そっかぁ~,駐車場から下にあったんや~。)





H22126737.jpg





そして,せっかくなのでお参りして,

坂を下ったところに,

「あった,あった~。」




H22126738.jpg






亀井邸

(現 総合商社カメイ・発祥の地は塩竃)

を探しに訪れたのです。

なので2回目。





H22126735.jpg





新潟県には,

かつての名士の邸宅がたくさん残っている。 (こういうところ)→過去のエントリー

宮城県には,

そういう邸宅は無いんかな~ いや,あるはずだ。

と思っていたところで,

しおナビ(塩竃観光パンフレット)に旧亀井邸を見つけた。

でもその地図がいい加減なんやね~ 

ありがちなデフォルメ。どう見ても塩竃神社博物館の隣やん。

ようやく到着。(メデタシ,メデタシ。←済んだら忘れる。)



H22126726.jpg





和洋折衷の立派なお屋敷だった。

「このお宅は,昔接待のために使った別荘のようなものなのですよ。」

「カメイの歴史は日本石油の宮城初の代理店としてスタートしたのです。」

「その日本石油のマークがコウモリ。」

「ご恩は一生忘れませんということで,ずっと日本石油と同じコウモリのマークを使っていたのです。」







H22115409.jpg







「昔はこの下までお堀があって,港が続いていて船が入ってきていたそうです。」

さっき,車で走ってきた道だ。

今ではすっかり埋め立てられてきれいに整備されている。






H22115421.jpg














H22126731.jpg













H22126733.jpg






「この欄間は何に見えますか?」




「菊の花ですか。」






H22126730.jpg






「よく見ると,金魚に見えませんか。中国では,金魚は金運をもたらす吉兆なのだそうですよ。」



「なるほど~。金魚ですね~。」




H22115484.jpg





洋館の部分が喫茶店になっていた。

泡立てるコーヒー。

「おぉ~。」

なかなかでした。まさに和洋折衷。




H22115357.jpg














H22115332.jpg













H22115333.jpg













H22126734.jpg













H22115496.jpg













H22126739.jpg




どぉ~でもいいけど,Q10(キュート)最終回,

我が家のリビングは感動で静まり返っていた。

「マタアエル・カナ?」

う~む。泣きそうになった。(←年齢甲斐もない。うぉ。)

いい話だ。

こんな未来があると良いな~。(←素直にそう思う。)



H22115521.jpg
CanonEOS5DMarkⅡ
A09 TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR DiLD


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Add your comment