千代sendai熊野

sendai from shingu

菅首相をバッシングする理由が見えない。 原発推進派の首相を望んでいるのだろう。

菅首相が
「エネルギー政策の見直し」
「原子力安全・保安院の分離」
「東電の解体」
を打ち出した途端,
この週末のマスコミの報道は菅首相バッシング一色になった。

なぜバッシングなのか。理由が見えない。
原発事故の原因を変えようと言うのだ。正しいではないか。

マスコミは原発事故の避難者の気持ちが判らないのだろうか。
今のシステムのままでは,再び原発事故は起こる。
自分の子孫に関わる話だ。

茨城県東海村にも日本原子力研究開発機構、日本原子力発電東海発電所・東海第二発電所がある。
関東地方も例外ではない。

国民世論はエネルギー政策見直しを願っている。

今再生可能なエネルギー開発に出遅れると日本はどうなってしまうのか。

スポンサーから大きな金が動いたのかもしれない。
世論操作に躍起になっているのではないか。
政治的な意図が伺える。

谷垣自民党総裁の主張した
「原子炉への海水注入を一時停止したのは菅首相」ではなく東電の判断だったようだ。

記事の消されたURL




3月11日までは原子力発電所は必要であると思っていた。
コストが安く,半永久的。
CO2は出さず,地球温暖化の抑止に必要だと思っていた。
チェルノブイリもスリーマイルも対岸の火事。
家畜に奇形が生まれたり,住民に白血病が多発しても,やはりよその国の話だと思っていた。
日本の原発は安全。そう信じていた。

今になって過去を遡ると,福島第一原子力発電所では,小さな事故が繰り返されていたようだ。
交通事故が起こるように,ヒヤッとした件が繰り返された後,大きな事故が起こる。
ヒューマンエラーの辿る道だ。


2002年8月福島第一原発事故隠し原子炉で圧力隔壁にひび割れ発見の記録改ざん

事故隠蔽の歴史

それに異を唱えた佐藤栄佐久福島県知事は東京地検に収賄容疑で逮捕された。
この事件の真相はかなり胡散臭い。もの言う知事が国家権力に潰されたという構図が見え隠れする。

3月11日以降も原発推進を推し進める意図は何なのだろうか。
1.原発は低コストではない。事故があると超優良企業が倒産するほどの莫大なコストが支払われる。建設後30年すれば廃炉になり高いコストがかかる。
2.環境に悪い。CO2による温暖化と直接は較べられないが,外部被曝と内部被曝による健康被害は今後数十年単位で顕在化してくるだろう。
3.将来の産業成長分野である再生可能エネルギーへの政策転換を,はなから否定する意図は何か。

推進派の意図は
1.電気料金という第二の税金のようなもので全国民から合法的に資金を集められること。
2.その金で新たな原発の建設資金にあてられること。
3.その金で原発立地の自治体に補助金を与え,地方自治体をコントロールすること。
4.党に政治資金として与え,政治家をコントロールすること。
5.そして国会では電力会社に有利な法整備をさせるここと。
6.経済産業省の天下りを受け入れ,経済産業省をコントロールすること。
7.東京大学へ研究費を与え,御用学者をコントロールすること。
8.民放TVや新聞社に巨額の広告料を支払い世論をコントロールすること。
9.安全神話の広報には手を抜かず国民をコントロールすること。
ということなのではないか。

これほどうまい話はない。

将来,東北・関東地方の国民に多少犠牲が出たとしても,この仕組みを守りたいのであろう。
この地の住民として,憤りを感じる。


事態を楽観視していた原子力安全・保安院

WSJの報告



今回の原発事故を世界はどう見るのか。
IAEAは基本的に原発推進の世界的組織である。

しかし,日本の
エネルギー行政と電力会社の癒着
電力会社の隠蔽体質と,行政の安全監視システム破綻

そして何よりも今,国民を放射線の危険に晒しているこの国を,世界の有識者は許すのだろうか。

何事も無かったかのように保身を計る東京電力首脳陣と
「原発推進」を唱える旧勢力国会議員。
全く反省の見られない自由民主党。


勝俣会長が残ったのはなぜか。 清水社長の退職金はいくらだったのか。返納の報道はない。 ごまかしに見える。

世界の原発推進派に
後ろから銃を放ったような態度であることに,
東京電力と経済産業省は気づいていない。

一番迷惑しているのは,世界の原発推進派だ。



ここで菅首相が降りてしまったら,
金儲け目的の原発推進派に支配されたままになるであろう。

安全設計が完璧な原子力発電所ならば良い。
金儲けのためにコストを抑えた危険な原子力発電所はいらない。

電力会社の発電部門と送電部門を分離すべきである。
電力の地域独占を許してはならない。








チェルノブイリ博物館・画像検索


変われるはずないと、世界からバカにされる日本


とっくの昔につぶれた東大の原子力工学科 福島第一原発メルトダウンが示す一時代の終わり 


ロイター通信


IAEAの調査団派遣は今月後半


知らないのは日本人だけ? 世界の原発保有国の語られざる本音


朝日新聞と読み比べるとと面白い記事(毎日新聞)

菅首相の指示を聞かなかった東京電力




原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。


5月1日付 IAEA報告(日本語訳)



経団連会長発言


汚染水移送

このように進むはずだった予定(5月12日午前中)

燃料が完全露出、格納容器からも水漏れ 福島原発1号機


▼Amazon.co.jpへ
知事抹殺


佐藤栄佐久氏のブログ

▼Amazon.co.jpへ
藤原新也「黄泉の犬」





福島県知事逮捕の裏には東京地検特捜部


毎日新聞の記事


IAEA チェルノブイリ25周年 ストーリー

Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの


汚染水の流出


東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制


福島県内学校敷地内の放射線量



東海・東海第二発電所の放射線監視状況へのリンク

東海・東海第二発電所の放射線監視状況

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク

東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP

女川原子力発電所モニタリングポストへのリンク

女川原子力発電所モニタリングポスト

宮城県のホームページより 福島第一原子力発電所事故にかかる情報へのリンク

福島第一原子力発電所事故にかかる情報

東北大学理学部の計測データへのリンク

東北大学

宮城県の風向へのリンク

アメダス

武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村














格納容器に
使用済み核燃料を保管していることは,世界の非常識ではないのだろうか。

全国にどれだけの
使用済み核燃料が保管されているのか。
その量はどのくらいか。

情報は無い。
隠蔽されているのか。
国民に知らせる必要がないと判断しているのか。


使用済み核燃料
MOX燃料
プルトニウムは危険であるとの報道が少ない。
プルトニウム
アメリカ軍が半径80kmから撤退したのはプルトニウムの危険性のためとの理由であった。


関連記事

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/05/21(土) 15:41:13|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仙台市若林区今泉 太白区鹿又交差点 若林区舟丁 長町駅  長町公園 名取市ゆりが丘  海の見える丘公園の放射線量を測定した。 | ホーム | ウォール・ストリート・ジャーナルによる事故状況の分析によると,ベントを遅らせたのは東京電力の武藤栄副社長の判断だったようだ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://df504.blog110.fc2.com/tb.php/758-2efbc8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMark4
       FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5DMarkⅡ
EOS-5D
       EOS-1D
       EOS-1
       GR-DIGITAL
       PowerShot S90
       NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ