千代sendai熊野

sendai from shingu

刀折れ,矢尽きるまで。脱原発はついに消えたか。「ぴーかんテレビ」も「大文字の送り火」も結局は同じ。

「ぴーかんテレビ」も「大文字の送り火」も結局は同じ。

つい本音をもらしてしまったのだろう。

被災地からはため息しか出ない。


今日,高田の松原の薪から放射性物質が検出された。
セシウム134が1キロ当たり542ベクレル、セシウム137が同588ベクレル。

「当たり。正解。」だった訳だ。

検査結果


今回の薪も検査をしてはじめて分かった。
安全なのではなく検査していなかっただけだ。


陸前高田という位置に驚きを感じている。
宮城県のがれきも汚染されているのだろうか。
話が無いのは検査していないだけなのか。


牛肉の時も,たまたま東京都が放射線量検査を行ってみて
福島県浅川町から出荷した肉牛の汚染が発見された。
その後,福島県全域で肉牛の出荷停止。
次に,宮城県,岩手県,栃木県へと出荷停止措置が拡大した。


7月8日福島・南相馬市産の牛肉からセシウム 全国初
報道発表資料



とにかく検査していない。



今,どの食品がどれだけ危険安全なのか見当もつかない。
調べようとしている気配すらない。
5ヶ月たった今も。

数万人レベルで内部被曝が続いていると予想される。

H210300004505.jpg
ふくしまにて

食品の危険性については,ニュースにもならない。新聞の話題にもならない。

牛肉も薪も検査していなかったこと自体が大問題ではないのか。

他の食品は?

マスコミはいったい何をしているのか。



これまで菅首相バッシングのニュースばかりであった。
菅首相をとにかく辞めさせて「脱原発」を阻止したいのであろう。
ついに国と政治家とマスコミの思惑通りになったようだ。

ニューストップから福島第一原発の状況が消えて久しい。
4ヶ月を過ぎて初めて10シーベルト毎時=10000ミリシーベルト毎時(超)が計測されても非常にあっさりした報道だった。
致死レベルの線量で計測器の限界を超えていたというのにである。



下請け孫請け作業員の健康も
南東北北関東地方の住民の健康も
電力関係者の視界には無い。



国民の7割が脱原発を望んでいるのに,
「発電・送電会社の分離」
「国のエネルギー政策を核エネルギーから自然エネルギーへ移行」
を争点とする次期首相はいないようだ。

なぜその点を報道しないのか。
当然,タブーなのであろう。

脱原発は終わってしまったのか。

刀折れ,矢が尽きたのか。





「ぴーかんテレビ」も「大文字の送り火」も「汚染牛肉」も悪いのは誰か。

原因は
東京電力と経済産業省である。
そしてマスコミ。

しかし,反省している様子は被災地に全く伝わってこない。
5か月経ったが,上から目線のままだ。
中国の当局と変わらない。


壊してしまったものは弁償して,謝るのが人としての当たり前の行動であろう。



老朽化した原発の再稼働の日も近い。
どこかで巨大地震は起こるであろう。
神まかせか。


神様は人の悪事を見抜くというが。



農家の婿のブログ

福島の農家より

電力総連?

電力総連??

電力総連のおっしゃる通りでした。


福島民報
福島中央テレビ
菅首相、給与返上を表明


世界の常識 日本の非常識



IAEAの評価
世界からの視線

日本は今回の事故によって全く「新しい時代」、知り合いの原子力学者の方の言葉を借りれば、「放射能と共存する時代」、「放射能汚染といかに向き合い、いかに耐えるかの時代」に入ってしまったのであり、かつての「あの日々」はもう戻ることがないのだということを日本人は残念ながら理解しなくてはなりません。 

グリーンピースのURLより
子どもの尿よりセシウム

グリーンピース

福島市の子どもたちの尿からセシウム検出-10人中10人に

楽天経団連脱退
楽天経団連脱退
古賀氏退職か。
日本中枢の崩壊 古賀 茂明 (著)

老朽原発
老朽原発


原発事故は人災


福島県内学校の放射線量

飯舘村はもとより,伊達市,福島市の一部はチェルノブイリの「強制移住地区」以上の放射性物質量となっている。

米国DOE 汚染マップ


福島県汚染マップ

東日本汚染マップ

旧ソ連政府は現在の日本政府より住民の安全サイドに立っていた

海底から初めてプルトニウムが検出された。

海底2カ所から微量プルトニウム 福島原発沖合3キロ


軽度に汚染された空気が日本から大量にフランスを通過


汚染食品リスト

放射線汚染食「食べてはいけない」

全国 土壌・水道汚染マップ

チェルノブイリと福島の比較

東電マネーが及ばない海外メディアの情報

福島第1原発:年内の事故収束は不可能
反原発デモ
プルトニウムの拡散


ようやく日本国内で報道された事実

28.03.2011, 20:30報道 福島第1原発での炉心溶解


見舞金
見舞金2
海外の報道 見舞金
飯舘村


「枝野批判」オフレコ発言をすっぱ抜かれ、今度は東京新聞記者を「出入り禁止」にした経産省の「醜態」

隠されていた決定的ミス 東電はベントの方法を間違った!




原子力損害賠償法

日本の原発事故

2010発表資料 福島第一原発の耐震安全性

2002年8月福島第一原発事故隠し原子炉で圧力隔壁にひび割れ発見の記録改ざん

事故隠蔽の歴史

事態を楽観視していた原子力安全・保安院

WSJの報告

チェルノブイリ博物館・画像検索

変われるはずないと、世界からバカにされる日本

とっくの昔につぶれた東大の原子力工学科 福島第一原発メルトダウンが示す一時代の終わり 

ロイター通信

IAEAの調査団派遣は今月後半

知らないのは日本人だけ? 世界の原発保有国の語られざる本音

朝日新聞と読み比べるとと面白い記事(毎日新聞)

菅首相の指示を聞かなかった東京電力

原発推進重鎮たちの謝罪が意味するもの。

5月1日付 IAEA報告(日本語訳)

経団連会長発言

汚染水移送

このように進むはずだった予定(5月12日午前中)

燃料が完全露出、格納容器からも水漏れ 福島原発1号機
▼Amazon.co.jpへ
知事抹殺

佐藤栄佐久氏のブログ
▼Amazon.co.jpへ
藤原新也「黄泉の犬」

福島県知事逮捕の裏には東京地検特捜部

毎日新聞の記事

IAEA チェルノブイリ25周年 ストーリー

Yoko's 人生=旅 on this Blue Planetさんのブログより
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト

原発関連記事


IAEAのホームページ(http://www.iaea.org/)から、 福島第一原発事故のアップデートログを日本語訳したもの

汚染水の流出

東京電力と監督当局の馴れ合いを生んだ体制

福島県内学校敷地内の放射線量

東海・東海第二発電所の放射線監視状況
東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAPへのリンク


東北関東大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP / Japan quake radioactive material monitoring post MAP

女川原子力発電所モニタリングポスト


福島第一原子力発電所事故にかかる情報

東北大学

宮城県の風向へのリンク

アメダス

武田邦彦さんのブログへ

武田邦彦


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/08/12(金) 21:30:42|
  2. 自然科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島を救うために 福島県内の電気料金半額 法人税と消費税の減免を  | ホーム | 「やらせメール」と同様なことが日本各地で発覚して以来,原発賛成のトラックバックが激減したような気がする。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://df504.blog110.fc2.com/tb.php/782-f2f2b3ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

df504

Author:df504
リンクフリーです。どうぞ。

好きなこと;食べる。撮る。遊ぶ。投げる。
好きな物;カメラ,自転車,PC。
人生も折り返し点を過ぎ(?),何か足跡を残しておくべきかなと思い(??),日々考えたことを書くことにしました。

★現在稼働機 EOS-5DMarkⅡ
         FUJIFILM XQ1
         
☆動態保存機 EOS-5D
         EOS-1D
         EOS-1
         GR-DIGITAL
         PowerShot S90
         NIKONCOOLPIX995
☆静態保存機 PENTAXME-SUPER

★使用レンズ(EF50mmF1.4 EF35mmF2 EF20-35F2.8L EF70-200F2.8L EF24-105mm F4L IS USM Model A005 TAMRON SP SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD Model A007 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD Model A09 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO SIGMA17-35F2.8-4HSM)

カテゴリー

最近の記事

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事

FC2

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ